石油元売りでは初※のJ-クレジットを活用してCO2をオフセットする燃料油を「出光カーボンオフセットfuel」のラインアップに追加(※2023年12月時点、自社調べ)

出光興産株式会社

From: PR TIMES

2023-12-29 23:40

~温対法対応で、温室効果ガス排出量報告義務制度への活用が可能に~

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木藤俊一、以下「当社」)は、産業用燃料油として本年7月から販売している「出光カーボンオフセット fuel」の商品ラインアップにJ-クレジット※1を付与した「出光カーボンオフセットfuel J(ジェイ)」を追加し、12月21日から当社グループ会社で試験的に販売開始しました。この試験販売により、当社はJ-クレジットの調達・運用を確認します。2024年3月からは、当社の系列特約販売店の全店で販売開始を予定しています。
※1省エネルギー設備の導入や再生可能エネルギーの利用によるCO2等の排出削減量や、適切な森林管理によるCO2等の吸収量を「クレジット」として国が認証するもの



[画像1: (リンク ») ]

J-クレジットを活用した出光カーボンオフセットfuelの仕組み
 ボランタリーカーボンクレジット※2を活用した既存商品「出光カーボンオフセットfuel」は発売以降、CO2削減対策に課題を抱えるお客様やCSR活動に積極的に取り組むお客様などに、ご利用いただいております。
 このたび、新たにラインアップに追加した「出光カーボンオフセットfuel J」は「出光カーボンオフセットfuel」と同様に燃料油を使用することで発生するCO2をオフセットできます。また、地球温暖化対策の推進に関する法律※3(以下「温対法」)に基づく温室効果ガス排出量の算定・報告・公表制度に活用できます。これにより、国内の多くのお客様の脱炭素への取り組み・企業価値向上にいっそう貢献します。
※2民間セクター・NGOなどによって発行されるクレジット
※3 2050年までのカーボンニュートラルの実現に向け、政策の継続性・予見性を高め、脱炭素に向けた取組・投資やイノベーションを加速させるとともに、地域の再生可能エネルギーを活用した脱炭素化の取組や企業の脱炭素経営の促進を図るための法律

 当社は2022年11月に発表した「中期経営計画(2023~2025年度)」において、下記3つの事業領域の社会実装を通じ、事業ポートフォリオ転換を推進することを表明しました。
[画像2: (リンク ») ]

 本取り組みは上記3つの事業領域のうち「一歩先のエネルギー」の開発と社会実装に向けた取り組みと位置付けています。
 当社が現在事業化を検討しているバイオ混合燃料の使用時や脱炭素化への移行期においては、お客様が削減困難なCO2が生じます。当社はこの削減困難なCO2に対して、カーボンクレジットなど様々な手法を用いて脱炭素化に貢献します。

【購入したお客様の声】
「CO2発生量ゼロへ向けた有効な手段として活用し、CN実現を目指します」
日本道路株式会社(本社:東京都港区、取締役常務執行役員 生産技術本部長 高杉 丈之)

【出光カーボンオフセットfuelについて】
2023年7月13日
出光カーボンオフセットfuel販売開始について 需要家の脱炭素への取り組み・企業価値向上を支援
(リンク »)

【商品ラインアップ】

[表: (リンク ») ]



プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]