アイティメディア、「ITセレクト powered by 発注ナビ」を開設 専門コンシェルジュがSaaS製品選びを支援する新メディア

アイティメディア株式会社

From: DreamNews

2024-01-15 14:00

本日、アイティメディア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大槻利樹、以下アイティメディア)は、子会社である発注ナビ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:浅井英行、以下発注ナビ)と共同で、新メディア「ITセレクト powered by 発注ナビ」( (リンク ») )を開設します。「ITセレクト powered by 発注ナビ」では、SaaS製品選びに役立つ情報を豊富に取り揃えるとともに、専門コンシェルジュが利用者のニーズに合った製品担当者をご紹介するサービスを無料で提供します。

・ITセレクト powered by 発注ナビ
  (リンク »)



■「ITセレクト powered by 発注ナビ」のコンテンツ
「ITセレクト powered by 発注ナビ」では、SaaSのカテゴリーごとに情報をデータベース化し、ひとつひとつの製品の概要だけでなく、口コミの評価レビューとそれに基づくランキング情報を提供します。口コミ(レビュー)と評価については関連会社であるアイティクラウド株式会社が運営する国内最大級のIT製品・SaaSレビューサイト「ITreview」( (リンク ») )と連携しており、開設当初より多数の有用な情報が掲載されています。これに加えて、アイティメディアの編集部や専門家による記事コンテンツを多数掲載することで、SaaS製品選びに必要な情報が「ITセレクト powered by 発注ナビ」に集約されます。

・コンテンツ例



[参考:スタート時点での展開カテゴリ]



■気軽に資料請求できる製品カタログサービス
「ITセレクト powered by 発注ナビ」では、利用者の課題解決につながるさまざまな製品情報(製品カタログ)を取り揃えるとともに、より詳細な情報を知りたいニーズに応える「資料請求」サービスを無料で提供します。
一般的なIT製品比較サービスの場合、資料請求した利用者の個人情報は、その時点で製品提供会社(ベンダー)に共有されます。そのため、利用者が多くの資料請求をすればするほど製品ベンダーから多数の営業電話がかかってくることが課題になっていました。
「ITセレクト powered by 発注ナビ」では、資料請求した利用者の希望があったときに限って製品ベンダーを紹介する、新しい仕組みを設けています。そのため利用者はこれまで以上に気軽に製品選びや資料請求を行えます。

■利用者の希望に応じたマッチングを実現する専門コンシェルジュサービス
「ITセレクト powered by 発注ナビ」では、専門コンシェルジュを設け、利用者のニーズに合った製品担当者をご紹介するサービスを無料で提供します。利用者からの資料請求や個別のご相談に対し、専門コンシェルジュが導入意向や課題感をヒアリングし、ご希望の場合に限り最適な製品担当者をご紹介します。
発注ナビは、企業の発注担当者の1次相談窓口として、企業のデジタル化・DXの成功をサポートするサービス「発注ナビ」( (リンク ») )を運営しており、「ITセレクト powered by 発注ナビ」における専門コンシェルジュサービスは発注ナビが提供します。



アイティメディアは、今後もテクノロジートレンドに沿ったコンテンツの強化を図ることで価値ある情報を読者の皆様にお届けするとともに、連動した多様なマーケティングソリューションの提案を強化することでさらなる成長を加速させていきます。

(参考)
・発注ナビ株式会社 プレスリリース 2024/01/15
「発注ナビ、SaaSマッチングサービスの提供開始」
  (リンク »)
                                          
                                         以上
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<本リリースに関するお問い合わせ>
アイティメディア株式会社 広報担当
(リンク »)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 発注ナビについて   (リンク »)
発注ナビは、システム開発案件を「発注したい法人」と「受注したい法人」のマッチングサービスです。2023年12月末現在で4,500社を超えるシステム開発会社が加盟しており、最速・最適なマッチングを発注法人、受注法人の双方に提供しています。

■ アイティメディア株式会社について   (リンク »)
テクノロジー関連分野を中心とした情報やサービスを提供する、インターネット専業のメディア企業。月間約5,000万ユニークブラウザで利用されています。IT総合情報ポータル「ITmedia( (リンク ») )」、企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット( (リンク ») )」、ITエキスパートのための問題解決メディア「@IT(アットマーク・アイティ、 (リンク ») )」をはじめ、ターゲット別に数多くのウェブサイトを運営。ITとその隣接領域を中心に、各分野の専門的なコンテンツをいち早く提供します。
[東証プライム市場、証券コード:2148]


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]