アイティメディア、「EE Times Japan」発行のE2パブリッシングを子会社化

冨田秀継(編集部) 2009年12月17日 19時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイティメディアは12月17日、エレクトロニクス技術情報誌「EE Times Japan」を発行するE2パブリッシングの全株式を取得し、子会社化することを発表した。1550株を3000万円で取得する。

 アイティメディアは同日、E2パブリッシングの親会社であるインプレスホールディングスと株式の譲渡契約書を締結。2010年1月1日に子会社化が完了する見込みだ。インプレスホールディングスはE2パブリッシングへの貸付の債権放棄を行うことになり、個別決算で9500万円の特別損失を計上する。

ターゲティングメディア企業へのシフトを加速

 アイティメディアは2007年8月1日、IT技術者向けの情報サイト「@IT」内に「@IT MONOist」を開設。組み込み、メカ設計、電子機器、生産管理といった分野を中心に、製造業に従事するエンジニア向けに技術情報を提供している。

 E2パブリッシングは、読者対象をエレクトロニクス企業の従業員に限定した無償配布誌「EE Times Japan」を発行するほか、エレクトロニクスの技術情報サイト「eetimes.jp」を運営している。

 E2パブリッシングを子会社化後、アイティメディアは次の一手となるターゲティングメディア企業へのシフトを加速させる(参考「平成22年3月期 第2四半期決算説明会(PDF)」)。

 具体的には、@IT MONOistとeetimes.jpの会員制化を進めるとともに、2010年1月発行分より「EE Times Japan」を電子化する(参考「EE Times Japan メディアキット 2010(PDF)」)。それぞれの読者データベースを共通の基盤に統合し、ターゲティングメディア型の広告商品を製造業へと拡大させたい考えだ。

異なる読者プロファイルに悩んだインプレス

 インプレスホールディングスは「当初の想定に比べ、事業の重要性が低下したため」子会社の売却に至ったと発表している(「発表文(PDF)」)。同社はZDNet Japanの取材に対して、他の運営メディアとのシナジーが生まれにくかったことを要因のひとつに挙げている。

 具体的には、インプレスホールディングスが展開する多数のIT情報サイトおよび情報誌の読者層と、EE Times Japanやeetimes.jpの読者層があまりにかけ離れていたため、異なるメディアを掛け合わせることで新たな効果を生み出すことができなかった。

 当初の認識は全く逆。読者層が異なるからこそメディア運営を共通化した上で、「読者をうまく共有したり分類することで、デジタルや紙を問わずに新しい展開が可能になると期待していた。しかし、残念ながらそういった反応が起こらなかった」(インプレスホールディングス)という。

 アイティメディアはZDNet Japanの取材に対し、E2パブリッシングの全社員6人を全て受け入れるとコメント。読者プロファイルの活用については「E2パブリッシングの読者情報は資産。重要性を意識している」と述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 真に基幹系システムを動かすクラウドの条件とは?

    今、企業においてクラウドは、あたりまえの選択肢となっている。しかし根幹を支える基幹系システムでは、クラウド化を検討しても諦めている企業が多い。その理由は?そして解決策は?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化