マクニカ、“ばねの百貨店”東郷製作所に、製造現場DXサービスDSF Cycloneを導入

工程ごとに部分最適化された環境から、工場全体での全体最適化を推進

株式会社マクニカ

2024-01-17 10:00

株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、以下マクニカ)は、株式会社東郷製作所(本社工場:愛知県愛知郡東郷町、代表取締役社長:相羽繁生、以下東郷製作所)へ製造現場DXサービスであるDSF Cyclone*の提供及び新たな付加価値創造の支援を開始いたします。
東郷製作所は、自動車用小物ばね製品のトップメーカーとして市場を強力に牽引し、2020年には経済産業省が選定するグローバルニッチ企業の1つに選ばれるなど、高度な技術を駆使したものづくりが市場でも高く評価されています。2023年4月より、現場のIoT推進を行ってきたデジタル推進室と、情報システム部門だった総務部 システム開発課が1つになって新たにデジタル推進部を発足し、現場で取得した各種情報を活用して基幹システムとうまく連携させながら製造DXを加速させ、新たな付加価値創造を進めています。

 東郷製作所の生産ラインは複数の工程によって構成されており、また同じ工程においても生産設備は多種多様といった特徴を持っています。
 そのような生産現場において、全工程の担当者が総合的な評価の指標を元に“共通の物差し”で改善点を議論するためには、上流から下流までのデータを標準的に取得、構造化、可視化していくことが必要となりました。そこでマクニカの製造現場DXサービスであるDSF Cycloneの導入を決定しました。

 マクニカでは、長年の製造現場のデータ活用を支援した経験を元に、DSF Cycloneの開発及び販売を行っています。DSF Cycloneは様々な製造工程への導入実績があり、製造現場の設備や作業者のデータの収集~蓄積~分析を実現するサービスです。導入いただいた製造現場では、日々の実績データを元に効率的なモノづくりを実現しています。

 東郷製作所では、今後DSF Cycloneを活用して、パイロットラインでのスモールスタート&クイックウィンを実現し、上流から下流まで横展開及び標準的にデータ収集~蓄積を実現していきます。そして、生産ライン全体を捉え、中間在庫の動きや各工場のキャッシュフローを経営層に対して可視化していき、データに基づいて最適な生産計画が指示できるような環境づくりを目指していきます。

 マクニカでは、東郷製作所の期待値である「製造現場はもちろん、経営判断をする経営層や生産計画を立てる担当者を含めて、多くの関係者がDSF Cycloneをベースに議論できるようになること」の実現に向けて、DSF Cycloneの提供に加え、蓄積されたデータの発展的な活用の支援を進めていきます。

 DSF Cycloneは、2024年1月24日(水)~26日(金)にて、東京ビックサイトにて開催される第8回スマート工場EXPO -IoT/AI/FAによる製造革新展-のマクニカブース(W56-54)にて展示します。

*:DSF Cyclone
DSF(Digital Synergy Factory) は、「体験ファーストで人とものづくりがかわる」をコンセプトに、最先端の知見・テクノロジーを使ってお客様のあらゆる経営課題に寄り添い、経営革新を加速させます。そして、DSFにおける現場制御層でのロス分析・効率分析・設備監視・生産進捗モニタリングを実現しているのが、DSF Cycloneです。

【事例の詳細はこちら】
URL: (リンク »)

【製品に関するお問合せ先はこちら】
株式会社マクニカ DSF Cycloneサービス担当窓口
TEL:045-470-9118
E-mail:cyclone_sales@macnica.co.jp

※本文中に記載の社名及び製品名は、株式会社マクニカ及び各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご承知ください。

株式会社東郷製作所について
自動車用小物ばねの総合メーカー
株式会社東郷製作所は、主にハイブリッドシステムや内外装、エンジンなどをご提供している会社です。
ばね製造技術を利用した高電圧部品をご紹介しており、「高周波コイル」や「高電圧バスバー」などの様々な製品を通して、お客様の原価低減・品質向上にご協力いたします。
東郷製作所について:www.togoh.co.jp

株式会社マクニカについて
マクニカは、半導体、サイバーセキュリティをコアとして、最新のテクノロジーをトータルに取り扱う、サービス・ソリューションカンパニーです。世界23か国/地域81拠点で事業を展開、50年以上の歴史の中で培った技術力とグローバルネットワークを活かし、AIやIoT、自動運転など最先端技術の発掘・提案・実装を手掛けています。
マクニカについて:www.macnica.co.jp


<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
株式会社マクニカ   (リンク »)
広報室 宮原 E-mail:macpr@macnica.co.jp
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]