教職員の日々の業務を効率化する公立小中学校向け新サービス“in Campus School IS”の提供を開始

キヤノンITソリューションズ株式会社

From: PR TIMES

2024-02-09 11:17

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノンITS)は、教育機関向けソリューション「in Campusシリーズ」の公立小中学校向け新サービス“in Campus School IS”の提供を2024年2月29日より開始します。



[画像: (リンク ») ]

■背景
2019年に開始され、内閣府も国策として推し進めているGIGAスクール構想により、全国の児童/生徒に1人1台のコンピューター端末が配布されICTを活用した授業が定着しつつあります。一方で、端末を活用した授業カリキュラムの構築や教職員のITリテラシーなどにばらつきがあり、学校間でICT環境の利活用に差が出ているのが実情で、教職員1人あたりの業務負荷も増大しているため、「働き方改革」「業務の効率化」への対応が急務となっています。

キヤノンITSは、このような学校および教職員の課題を解決し、「個別最適な学び」と「協働的な学び」の充実に貢献するために、公立の小中学校で多く採用されているGoogle Workspace for Educationと連携可能な“in Campus School IS”の提供を開始します。

■概要
“in Campus School IS”は、教職員の日々の業務を効率化/高度化し、学校のICT活用を促進する10種類以上のDXモジュールからなり、契約後も常に最新のDXモジュールが利用できる SaaS サブスクリプション型のサービスです。開発は2022年12月に資本業務提携契約を締結したチエル株式会社が担い、キヤノンITS が独占販売権を保有します。

【サービス利用によるメリット】
・教職員:日々の業務(計画/出欠/授業/報告)をDXモジュールの活用により作業工数を削減できます。
・保護者:学校での活動状況の確認や出欠/遅刻/早退連絡を専用のアプリケーションから簡単に行えます。
・教育委員会:学校横断で統一されたフォーマットによる情報が閲覧でき、情報/内容の統一化が図れます。

■主な5つのモジュール/機能
1.見取り管理モジュール
児童/生徒ごとに、QRコードを配した専用の用紙に学校生活における日々の様子を記入してスキャンし、データ化および一元管理するモジュールです。これまで先生ごとに閉じられていた情報をデータ化して蓄積するため、教職員間で情報を共有できます。
※オプションとして複合機からの連続スキャンも可能となります(2024年5月以降、専用のアプリケーションで対応予定)

2.施設/備品管理モジュール
学校が保有する施設(教室など)および備品を管理することを目的としたモジュールです。学校の施設/備品を登録する機能を提供するとともに、Google カレンダー(TM) と連携することで、施設/備品の選択が柔軟に行えます。

3.出欠/遅刻/早退連絡モジュール
保護者から児童/生徒の出欠/遅刻/早退などの各種連絡を受け付け、連絡情報をとりまとめることを目的としたモジュールです。専用のGoogle スプレッドシート(TM)(出欠連絡共有シート)を使用して、学校で受け付けた出欠連絡などを記録/確認できます。また、Google フォームと連携することで、出欠連絡を受け付けられるフォームの作成と、受け付けた連絡内容を共有のシート上で確認できます。

4.保護者連携モジュール
保護者は連携するアプリケーションを使うことにより、児童/生徒の欠席連絡(欠席/遅刻/早退)が可能となります。さらに、学校から配信されたお知らせをリアルタイムで確認できます。

5.ダッシュボード機能
学校単位や学年/クラス単位での表示に加え、児童/生徒ごとにフォーカスした欠席/遅刻/早退、見取りなど、学校生活で得られる数多くの情報を「ダッシュボード」に集約し可視化することで、教職員間での情報共有や「個別最適な学び」を重視した情報の可視化を実現できます。

■展望
キヤノンITSは、文教事業の継続的成長や事業領域の拡大を図るべく2022年12月より小中高市場へ参入しました。2023年8月には2014年から大学向けに開発し販売を続けてきた「in Campus」シリーズの中核となるソリューションを小中高市場向けにリニューアル開発し、「in Campus School」シリーズを立ち上げました。

この度の“in Campus School IS”提供開始により、教職員の「働き方改革」「業務の効率化」に貢献してまいります。業務のさらなる効率化/高度化や学校運営のDX化を推進し支援していくために、今後も校務システムとの連携強化やDXモジュールの機能拡張に継続的に取り組んでまいります。

■価格
[表: (リンク ») ]


※初期導入費用は個別見積もりとなります。

■製品仕様について
製品仕様の詳細はキヤノンITSホームページをご参照ください。 
(リンク »)

※Google カレンダー、Google スプレッドシートは Google LLC の商標です。

●一般の方のお問い合わせ先:文教ソリューション事業部 文教ソリューション担当 03-6701-3333(直通)
●文教ソリューションホームページ: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]