インダストリー4.0特化の5Gエッジコンピューティング・インダストリアルIoTセルラーソリューション「Digi IX40」を発表

Digi Remote Managerとの統合により、迅速にデータを処理・分析・統合し、企業のコストの最小限に抑制、生産性向上を支援

ディジ インターナショナル株式会社

2024-02-14 09:00

IoT(Internet of Things)コネクティビティ製品・サービスプロバイダであるDigi International社 (本社・米国、NASDAQ:DGII)はこのほど、5Gエッジコンピューティング・インダストリアル向けIoTセルラールータソリューション「Digi IX40」の市場投入を発表しました。Digi IX40は、高度なロボティクス、予知保全、資産監視、インダストリアルオートメーション、スマートマニュファクチャリングなどのインダストリー4.0用途向けに設計されています。Digi Remote Managerと完全に統合された本ソリューションの機能により、スピード、信頼性、効率を確保しながら、セキュリティとスケーラビリティを向上します。

Digi IX40セルラーソリューションは、5Gコネクティビティとエッジインテリジェンスをサポートし、最も要求の厳しい環境で、有線・無線を問わず複数の機器をシームレスに接続し、クラウドで提供される運用技術(OT)サービスと情報技術(IT)の統合を最適化することで、ネットワーク全体の可視化、監視、制御を可能にします。また、オールインワン設計、高性能のコンピューティング機能、内蔵メモリにより、インダストリアルオートメーション、公共事業、再生可能エネルギー、石油・ガス、デジタルサイネージなどのクリティカルなアプリケーションに極めて重要となるリアルタイムデータ処理、遠隔監視、精密な分析を促進します。

【本ソリューションの主な使用例】
●インダストリー4.0
- 製造プロセスの自動化
- インダストリアルオートメーションおよび制御
- 正確なモニタリングと制御
- 条件ベースのモニタリング
- 予知保全
- 高度なロボット工学
- 5Gセルラーおよびファイバーフェイルオーバー
●ユーティリティ
- リアルタイム監視・制御
- スマートグリッド配電自動化
- 商用・工業用メータリング
- 再生可能エネルギー
- 分散型エネルギー資源管理システム(DERMS)
- 監視制御・データ収集(SCADA)
●石油・ガス
- 油田掘削モニタリング
- ポンプステーションのモニタリング
●スマートシティ
- デジタルサイネージ
- トラフィック管理

「今日の企業、とりわけ、インダストリー4.0技術を活用する企業にとってエッジコンピューティングは必須であり、最もデータ集約型のアプリケーションに計算能力とリアルタイムデータ処理を提供します。Digi は、インダストリアル向けセルラー技術における長年のリーダーです。 新しいDigi IX40 ソリューションは、カスタマがエッジでインテリジェンスを迅速かつコスト効率よく活用できるよう支援します。これにより、エッジコンピューティングの性能と速度を最適に活用し、リアルタイム処理、より迅速な洞察、セキュリティの強化、遅延の削減を実現します。これらは、インダストリー4.0アプリケーションの重要な要件の一部です」と、Digiのインダストリアル向けセルラーソリューション担当シニアプロダクトマネージャでのヴィタリー・クルドゥバンは述べています。

Digi IX40は、Digi Remote Manager(Digi RM)を容易に統合でき、迅速な設定、自動化されたセキュリティ監視、簡素化された管理を実現します。Digi RMは、IoT導入のためのクラウドベースのコマンドセンターであり、企業にネットワーク運用に関する重要な情報を得ながら、よりデータ駆動型の意思決定を可能にします。同様に、Digi RMは、シリアルポートとコマンドラインインタフェースを介して、エッジデバイスのOOB管理のためのセキュアな端末アクセスをサポートします。

Digi IX40の主な特徴は以下の通りです。
● パブリックおよびプライベートセルラーネットワークのグローバル5GおよびLTE対応
●エッジインテリジェンスとリアルタイム処理を必要とするアプリケーション向けの統合エッジコンピューティング機能
● Digi Accelerated Linuxオペレーティングシステム(DAL OS)
● Digi Remote Managerによる設定と管理の簡素化
● FIPS 140-2認証による機密データの暗号化
● イーサネット、SFP、シリアル、I/O、Modbusブリッジング
● 究極の冗長性を実現するファイバーと4G LTEを含む強力なフェイルオーバーオプション
● Digi SureLink、VRRP+、デュアルSIMによる復元力の高いセルラーコネクティビティ
● GPS、GLONASS、BeiDou、GalileoをサポートするGNSSレシーバ
● ライセンスフリーのエンタープライズソフトウェア: VPN、ファイアウォール、ロギング、認証
● DINレールおよび棚取り付けオプションを備えた堅牢な筐体
● 緊急対応の要求に応えるFirstNet Capableモデル

「Digi IX40 はインダストリー4.0 の変革者です。5Gの帯域幅とエッジコンピューティングの組み合わせにより、クラウドに送信する前にデータをエッジで処理できるようになり、コストメリットとリアルタイム応答が得られます。5G のより高いデータレート速度は、データ集約型アプリケーションのダウンロードとアップロードを高速化します。5Gのスピードと低遅延、信頼性の高いワイヤレスコネクティビティ、エッジインテリジェンスを組み合わせたソリューションを提供することで、製造施設の自律走行車など、即時のインタラクションを必要とするアプリケーションの導入を可能にします。簡単に言えば、Digi IX40は企業が新たな可能性に満ちた世界を開拓できるようにするものです」とクルドゥバンは述べています。

競合他社と異なり、Digi IX40は高度な機能とカスタマイズされたサービスに対して、リーズナブルな価格設定となっています。「私たちは、このソリューションに強力なコンピューティングとエッジインテリジェンスを搭載しつつ手頃な価格を実現しました。また、Digi IX40 は、追加デバイスの迅速な設定と導入を可能にする Digi Remote Manager と、ソリューションを強化するための追加機能を提供する Digi 付加価値サービスにより、カスタマニーズに合わせて規模と機能を拡張できます」。


■Digi Containersによるエッジコンピューティング
エッジコンピューティングとは、ネットワークの「エッジ」、つまりIoTデバイスが監視または制御している機器やプロセスに物理的に近接した場所で行われるデータ処理のことです。
Digiの付加価値サービスであるDigi Containersは、Digi IX40ソリューションを補強し、軽量のLinuxコンテナによるコスト効率の高いアプリケーションを容易にすることで、インダストリー4.0イニシアチブにさらなる柔軟性と拡張性を提供します。Digiは、Digi IX40上で独自のカスタムアプリケーションやバイナリを実行したいカスタマのためにDigi Containersソリューションを提供するだけでなく、インダストリー4.0、Networking 2.0、インダストリアル向けプロトコルサービスのリーディング企業から、吟味されたソフトウェアへのアクセスも提供しています。下記は、インダストリー4.0ソリューションのためのDigiの主要な技術提携のリストで、これらはすべてDigi Containersを実行するDigi IX40で利用可能です。
● M2M通信のためのBinary Armorインラインサイバーセキュリティ
● Ignition Edge IIoT MQTT対応ゲートウェイ:ネットワークのリモートエッジでクリティカルなデータを取得、処理、可視化
● Eximprod ES200仮想リモートターミナルユニット(vRTU)ソリューション:マルチプロトコル通信により、データの抽出、集中、処理、保存が可能
● サイトへのゼロトラスト、セキュアなリモートコネクティビティを実現するAtsign sshnoports
● Operator-in-a-box 機能と Any-to-Any プロトコル変換を実現するTantalus Congruence.IQ (C.IQ) プラットフォーム

「次世代のサイバーセキュリティをサポートする技術統合でDigiと協力できることを嬉しく思います。私たちはそれぞれ補完的な強みを持ち寄り、その結果、カスタマに強力な機能を提供できるようになります」と、Sierra Nevada社のバイナリーアーマー部門サイバープログラムディレクタのダン・スミス氏は話しています。

「洗練されたオープンソースNetworking 2.0技術の開発は当社の得意分野です。Digiの専門家チームと協力し、当社のソフトウェアをインダストリアルセルラーソリューションに統合することは、まさにWin-Winの関係です。ゼロトラスト・セキュリティが最優先される最も要求の厳しい環境において、IT/OT管理者の手に、"世界のベスト" がもたらされるのです」と、Atsign 社の CTO 兼共同創設者のコリン・コンスタブル氏は話しています。

■明日の産業のための超高速、超高信頼性ネットワーキング

Digi WAN Bondingは、Digi Remote Managerを通じて利用可能なアドオンサービスで、超高速かつ信頼性の高いネットワークコネクティビティを提供します。Digi IX40上で複数のWANインターネット接続のボンディングを一元的に設定・配備、管理でき、スループット速度の向上、WANスムージング、パケット冗長化、常時接続のためのシームレスなフェイルオーバーを組み合わせることができます。Digi WAN Bondingは、数百または数千のサイトまで拡張可能であり、フリートまたはネットワーク全体に、常時オンライン状態で最も堅牢なコネクティビティを提供します。

Digi IX40 の詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

このプレスリリースの付帯情報

Digi IX40 5Gセルラールータ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]