SAS、ChartisによりAMLトランザクション監視ソリューションのリーダーに選出

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2024-02-15 11:13


高度なAIと機械学習および顧客のライフサイクル全体にわたるリスク軽減は、
「SASがトランザクション監視サービスのリーダーとしての立場を確立した」と立証


AIとアナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、Chartis Researchにより、AML Transaction Monitoring Solutions( (リンク ») ), 2023: Market and Vendor Landscape(2023年AMLトランザクション監視ソリューション:市場とベンダーのランドスケープ)においてカテゴリーリーダーに選出されたことを発表しました。これによりSASの不正行為からコンプライアンスの分野にわたる膨大な量の知見が立証されたことになります。

Chartisが評価した25社のマネーロンダリング対策( (リンク ») )(AML)トランザクション監視ソリューションプロバイダーの中でSASは、「クラス最高の機能」において最も多くの高評価を獲得し、分析モデル、モデルの品質と検証、ワークフロー自動化の3つのカテゴリーで優れた評価を獲得しました。SASは、リスク類型モデリングおよびデータとシステムの統合でも高評価を獲得しました。

Chartisの金融犯罪および詐欺市場担当リサーチディレクターであるニック・ヴィッチェフ(Nick Vitchev)氏は、次のように述べています。「これはChartisによるAMLトランザクション監視ソリューションに対する初めての評価ですが、この分野におけるSASの専門性は20年以上に及びます。G-SIB(世界的にシステム上重要な銀行)から中小規模の金融機関に至るまで、クラウドネイティブで言語に依存しないSASのソリューションは、変幻する詐欺、マネーロンダリング、テロ資金供与のさまざまなリスクに柔軟に対応できるように構成できます」

クライアントの「次世代」への移行を支援する実証済みのテクニック
この最新の評価は、最近SASがChartisのFRAMLソリューション( (リンク ») )の最初の評価でカテゴリーリーダーに認定されたこと、Chartis RiskTech100®( (リンク ») )でランキングが2位に上昇したことに続くものです。

Chartisのベンダー分析では、SASのマネーロンダリング対策ソリューション( (リンク ») )が強みを持つ次の分野が特に評価されています。


ミリ秒単位のリアルタイム精度:SASの金融犯罪判断サービスは、内部および外部データのリアルタイム強化と、「ミリ秒単位の精度」を持つ特許取得済みのシグネチャベースのプロファイリングアプローチを組み合わせることで知られています。ベンダー分析では、「顧客のライフサイクル全体にわたってリスクを軽減することを目指す」金融機関と銀行以外の組織の両方に特に適していると記されています。
厳格な規制基準に準拠したモニタリング:コンプライアンス基準を尊重した広範かつ正確なモニタリングの実行という課題に企業が直面する中、SASの広範なリスク類型モニタリングを利用することで、企業はコンプライアンスに準拠したトランザクション監視システムを比較的簡単に構築できるとChartisは述べています
結果を加速させる卓越したアルゴリズム:Chartisは、SAS Financial Crime Decisioningのワークフロー自動化は、同社の革新的なAIおよびMLアルゴリズムを反映しており、極めて強力であると評価しています。業界に特化したAIソリューションへのSASの10億ドルの投資( (リンク ») )が成果を上げ続けていることから、レポートでは、単一の作業パッケージ内に統合された関連インテリジェンスの包括的ビューについても言及されています。



SASの金融犯罪およびコンプライアンス担当ディレクターであるデビッド・スチュワート(David Stewart)は、次のように述べています。「複雑な類型に重点を置いた場合、ルールベースのトランザクション監視システムは今日の金融犯罪の脅威や刻々と変化する規制義務に対して不十分になっています。AIと機械学習を活用したSASのソリューションは、金融機関や銀行以外の金融企業がAML機能を先進化して手動プロセスを自動化し、イベント検出とスコアリングを迅速化し、意思決定と調査プロセスを合理化する上で役立ちます。より広範には、SASのモジュール型アプローチにより、企業はAIを活用した単一のプラットフォーム、SAS® Viya®上でリスク管理の領域全体にまたがるソリューションを展開できます。これにより、コアシステムの統合をプロアクティブに準備しながら、エンタープライズ全体の効率と有効性を向上させる大きな機会が得られます」

企業がプロセスを合理化し、コストを削減すると同時により多くの金融犯罪の脅威を発見する上で次世代AMLがどのように役立つかについて興味のある方は、「Next-Generation AML:6 tips to modernize your fight against money laundering( (リンク ») )(次世代 AML:マネーロンダリングとの戦いを先進化するための6つのヒント)」をダウンロードしてください。

Chartis Researchについて
Chartis Researchは、リスクテクノロジーのグローバル市場に関する調査と分析を提供する大手プロバイダーであり、Risk and WatersTechnologyなどの市場をリードするブランドを有するInfopro Digitalの一部です。Chartisの目標は、リスク管理、企業ガバナンス、コンプライアンスの向上を通じてビジネス・パフォーマンスの向上を図る企業をサポートし、リスクテクノロジーのあらゆる側面に関する詳細な分析と実用的なアドバイスを提供することで、クライアントがテクノロジーとビジネスに関する意思決定を下せるよう支援することです。

*2024年1月22日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリース( (リンク ») )の抄訳です。
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]