新しいDMARC 要件が登場:知っておくべきこと、すべきこと

バラクーダネットワークスジャパンは、コラム「新しいDMARC 要件が登場:知っておくべきこと、すべきこと」を公開しました。

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2024-03-13 15:30

###

2024年2月16日、Tony Burgess

最近、受信者のホストドメインからバウンスされる送信メールの数が増えていることにお気づきですか。もしそうなら、それには理由があります。Google と Yahoo! はかねて宣言していたとおり、送信者が完全に設定した DMARC(domain-based message authentication, reporting, and conformance ドメインベースのメッセージ認証・報告・適合性の意味で、送信ドメイン認証技術)プロトコルを使用するよう、これまで以上に厳しい要件を実装し始めたのです。

十分な事前警告
いまさら驚くことではないはずです。Google と Yahoo! は以前から、送信者ポリシーフレームワーク(SPF)、ドメインキー識別メール(DKIM)、DMARC など、ドメイン詐欺防止プロトコルを徐々に強化してきました。そして2024年2月から、その要件をいっそうレベルアップしたのです。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]