『NAVITIME API』「配送計画」機能が、バイク・自転車・徒歩に対応!

株式会社ナビタイムジャパン

From: PR TIMES

2024-03-20 17:40

~バイクや自転車で配送を行う際にも、各移動手段に最適なルートで配送担当の自動割り振りが可能に~

株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2024年3月19日(火)より、法人向け地図・ルート検索API『NAVITIME API』の「配送計画」機能にて、バイク・自転車・徒歩に対応し、それぞれの移動手段に最適なルートで、配送担当者の自動割り振りが可能となります。



[画像1: (リンク ») ]

 「配送計画」機能は、配送担当者の人数・活動時間(移動時間+配送先での滞在時間)・積載量のいずれかと、配送先リストを入力すると、効率よく配達できる最適なルートを算出し、自動で配送担当者の配送先を割り振る機能です。活動時間または積載量から、その日の配送業務で必要となる最適な配送担当者の人数や車両台数を算出することができます。また、配送担当者の活動時間が均等になるような配送計画の算出も可能です。

 バイク・自転車・徒歩は、小売店業における店舗周辺の個人宅への配送・配達、車移動が難しいオフィス街での配送や回収業務などで活用されていますが、近年配送機会が増え、配送計画策定にかかる時間や、移動時間を含めた労働時間の改善が課題となっています。

 これまで『NAVITIME API』では、車での配送計画のみに対応していましたが、このような課題をお持ちのユーザーからのご要望をいただき、バイク・自転車・徒歩にも対応いたしました。

 また、各配送担当者の配送ルートも自動で算出されます。バイク・自転車・徒歩それぞれに必要な条件を考慮した専用のルートを提供することで、配送担当者の安全な業務をサポートするとともに、高速道路への誤進入を防止するなど、安全に対する社会課題の解決にも寄与できればと思っております。

【移動手段別に考慮する内容】
  バイク:排気量(原付バイクは高速道路を利用しない、排気量50cc以下の場合は二段階右折)
  自転車:坂道考慮(坂道の少ないルートを検索可能)
  徒歩:階段回避

 あらゆる移動手段の配車に対応することで、複数名での送迎・配送・運搬業務などを行う事業者様の配送計画策定にかかる時間の削減による業務効率化や、移動時間の最適化による労働時間の改善、配達員の業務時間平滑化による負担軽減を支援いたします。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

『NAVITIME API』について


『NAVITIME API』は、『NAVITIME』『カーナビタイム』等で提供する「トータルナビ」や、自動車、電車、バス、自転車など様々な移動手段のルート検索、地図表示などの機能を、業務システムやWebサイト、アプリなどに簡単に組み込めるAPIサービスです。バスや車にも対応した交通費精算などの業務支援サービスでの利用や、巡回経路検索による配送・移動の最適化などの業務効率化、トータルナビ検索による店舗案内や移動のシミュレーションなど、様々な用途でお客様の業務を支援しています。
(リンク »)
『NAVITIME API』の導入に関するお問い合わせ先


株式会社ナビタイムジャパン ソリューション事業
『NAVITIME API』お問い合わせフォーム: (リンク »)

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ナビタイムジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]