住信SBIネット銀行、Pay-easy(ペイジー)の取扱いを開始~「Pay-easy(ペイジー)使ってみようキャンペーン」を開催~

住信SBIネット銀行株式会社

From: PR TIMES

2024-04-18 13:16

住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長(CEO):円山 法昭、以下「住信SBIネット銀行」)は、2024年4月18日(木)よりPay-easy(ペイジー) の取扱いを開始いたします。まずは第一弾として、地方税共同機構※1およびモバイルレジ※2を通じた地方税等のお支払いが可能となります。



[画像1: (リンク ») ]

Pay-easy(ペイジー)とは
Pay-easy(ペイジー)とは、パソコンやスマートフォンで税金の納付や社会保険料の支払いが、時間帯や場所を気にせず、いつでも簡単にできるサービスです。Pay-easy(ペイジー)マークが記載された払込書や、Pay-easy(ペイジー)が選択できるネット決済などでご利用いただけます。

対象収納機関
地方税共同機構

株式会社NTTデータ(バーコード決済「モバイルレジ」による料金収納(収納代行業)のうち主に公金・公共料金)



ご利用方法や収納可能な料金など詳細については、以下からご確認ください。
(リンク »)

今後のリリース予定
2024年10月から「国庫金(国税や社会保険料、行政手数料など)」のお支払いおよび、「ダイレクト方式」へ対応する予定です。ダイレクト方式とは、税金や手数料等を納付するかたが、収納機関(官公庁等)へ口座振替登録をすることで、電子申告・申請からお支払いまでワンストップで手続きが完了するサービスです。e-taxやeLTAXなどのシステムにて国税や地方税の納付手続きにご利用いただけます。

Pay-easy(ペイジー)使ってみようキャンペーン
[画像2: (リンク ») ]

Pay-easy(ペイジー)の取扱い開始に伴い、「Pay-easy(ペイジー)使ってみようキャンペーン」を実施いたします。

対象期間
2024年4月18日(木)~2024年6月30日(日)

対象となるお客さま
キャンペーン期間中に条件を達成された個人・法人のお客さま
※対象支店はキャンペーンページをご確認ください。

条件および特典

条件
1.本キャンペーンへエントリーすること。
2.1回あたり500円以上、Pay-easy(ペイジー)ご利用にてお支払をいただいたくこと。
※1.2.は順不同

特典
キャンペーン期間中に特典条件1.2.いずれも条件を達成されたお客さまの中から、抽せんで合計200名さま(個人のお客さま100名、法人のお客さま100法人)に下記の通り現金をプレゼントいたします。

【個人のお客さま】
5,000円

【法人のお客さま】
10,000円

以下のキャンペーンページより詳細をご確認のうえエントリーをお願いいたします。
(リンク »)

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利なものに変えていくことを目指してまいります。

                                       以上

※1地方税に関する電子手続のポータルシステムであるeLTAXや自動車税等関係手続システムの運営機関
※2 請求書に印刷されたバーコードを携帯電話で読み取り、ネットバンキング等でのお支払いができるサービス

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

住信SBIネット銀行株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]