JLPT N1-2 インドネシア/マレーシア語」eラーニング発売(シュビキ)

デジタルラーニング・コンソーシアム(DLC)会員のニュースリリース

特定非営利活動法人デジタルラーニング・コンソーシアム

2024-04-23 11:28

2024年4月23日
株式会社シュビキ
===================================
   JLPT N1-2 インドネシア/マレーシア語」eラーニング発売
===================================

株式会社シュビキ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:首尾木義人)は、4月23日、eラーニングコース「JLPT N1-2対策 適切な語順(インドネシア/マレーシア語版)」20コースを発売致します。

特定技能在留資格制度に自動車運送など4分野の追加が閣議決定され、制度の活用が再び注目を集めています。国別に見ると、トップのベトナムに次いで、インドネシア、フィリピンが続いており製造、介護、建設、農業など様々な分野で活用が進んでいます。(令和5年12月)
一方国内では、出生率は継続して低下しており、加えて法改正に伴う労働時間の短縮などが影響して、今後も労働力不足は深刻化する一方であることが見込まれます。これをカバーする手段として外国人労働者に頼るところは大きく、多くの企業や機関が海外からの労働者募集およびその支援に力を注いでいます。

本作は、こうしたニーズを背景に開発されたもので、JLPTのスコアアップを狙ってN1-N2のレベルごとに、本試験を模したスタイルで学習ができます。
単体コースとして研修効率化支援サービス「BISCUE(R) TS」のラインアップにできる他、定額制クラウド型 eラーニング「BISCUE(R) LS」(各スマホ対応)の契約コースに盛り込むこともできます。

■タイトル
「JLPT N1対策 適切な語順 vol.1-5(インドネシア語版)」
「JLPT N1対策 適切な語順 vol.1-5(マレーシア語版)」
「JLPT N2対策 適切な語順 vol.1-5(インドネシア語版)」
「JLPT N2対策 適切な語順 vol.1-5(マレーシア語版)」

■対応言語
・英語(発売中)、中国語(発売中)、ベトナム語(発売中)、インドネシア語、マレーシア語

■対応デバイス
・PC、タブレット、スマートフォン

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

(BISCUE(R) eラーニング:ビスキュー・イーラーニング)
(リンク »)
(BISCUE(R) LS:ビスキュー・エルエス)
(リンク »)
(BISCUE(R) TS:ビスキュー・ティーエス)
(リンク »)


【株式会社シュビキの会社概要】
多言語ビジネススキル教材の企画・製作、及びクラウド提供を事業ドメインに、「BISCUE(R) eラーニング」として、2,800タイトル超(11言語)を発売・配信中。
eラーニング利用企業数は10,000社を超える。全て自社開発の教材、システムをベースに、階層別、テーマ別、職種別、業種別、多言語・異文化のほか、ピンポイント強化(日英中対応)のソリューションも提供している。


以上
                                            
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■会社概要
名称: 株式会社シュビキ
所在地: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-10-1宮下ビル1・2F
代表者: 代表取締役社長 首尾木義人
URL: (リンク »)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■本件に関するお問い合わせ先
担当 : 専務取締役 吉田 晴美
電話番号 : 03-3208-4276
E-mail : info@shubiki.co.jp
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]