宇宙打上げサービス市場、2032年に413億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-05-23 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「宇宙打上げサービス市場レポート:ペイロード、打上げプラットフォーム、サービスタイプ、軌道、打上げロケット、エンドユーザー、地域別、2024~2032年」(IMARC Group)の販売を5月22日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
世界の宇宙打上げサービス市場は、2023年に146億米ドルの規模に達しました。2024年から2032年にかけて、市場は11.9%のCAGR(年平均成長率)で成長し、2032年には413億米ドル規模に達すると予想されています。

宇宙打ち上げ(リフトオフ)とは、ロケットや航空機、浮体式船などの乗り物が地上から垂直に放出される、作業の最も初期の部分を指します。このプロセスには、宇宙船を上市するためのペイロードの注文、会話、積み重ね、組み立て、統合などの一連の作業が含まれ、これらの作業は、セットインモーションのコストを削減し、スムーズな打ち上げを促進するのに役立ちます。このような特性から、宇宙打上げサービスは、銀河系探査を行うために、政府、宇宙機関、軍事機関によって広く展開されています。現在、これらのサービスは打ち上げ前と打ち上げ後に細分化されています。

市場の動向
上市する航空機や衛星の試験数が増加していることから、商業、政府、軍事、防衛の各分野で宇宙打上げサービスが広く導入されていることが、現在市場を牽引している主な要因の一つです。これに伴い、さまざまな統合電子機器やハードウェアのサイズを縮小することで小型衛星の能力を向上させる電子システムの小型化の導入など、大幅な技術進歩が別の成長促進要因として作用しています。これはさらに、宇宙企業が分散データの収集や実験目的の小型化手法に採用している商用オフザシェルフ(COTS)アプローチの導入によっても裏付けられています。さらに、宇宙打ち上げサービス・プロバイダーが、従来の衛星よりも小型衛星に傾倒していることも、より低い打ち上げコストで短期間での開発を可能にするため、市場の成長を後押ししています。さらに、低軌道(LEO)ベースのサービス(画像ベースのインテリジェンスや宇宙ベースの通信など)の需要の高まりも、市場の成長に寄与しています。このほか、商業用ペイロード設備の設計、維持、運用のための研究開発(R&D)活動への大規模な投資が、市場に明るい展望をもたらしています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]