システムズリサーチ、ウェブアプリ自動生成ツールを販売--COBOL資産活用

CNET Japan Staff 2007年04月04日 19時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システムズリサーチは4月4日、ホストシステムなどで構築されたCOBOL資産を有効に活用するためのリッチクライアントウェブアプリーション自動生成ツール「EasyServlet」の販売を開始した。

 同製品を使うためにHTMLやJavaなどの知識は不要。Excelで画面項目、画面遷移定義を行うだけでHTML、Java画面制御ソースを生成することができ、タブ表示、サブウィンドウによる補完入力などのリッチクライアント機能を実装できるという。

 画面項目の動的な色変更、プロテクト表示、カーソル位置設定など、ホストで実現できていたビジネスロジックから画面制御を引き継ぐことも可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?