編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

メインフレームでSOA--IBMがCICSをWSDL/SOAPから利用可能に

日川佳三

2005-03-25 13:29

 日本IBMは3月25日、同社のメインフレーム上で稼動する既存の業務システムをWebサービス経由で使えるようにするミドルウェア2種を出荷した。TP(トランザクション処理)モニターの新版「CICS Transaction Server for z/OS V3.1」とJavaアプリケーションサーバの新版「IBM WebSphere Application Server for z/OS, V6.0.1」である。

 今回の新版ミドルウェアの位置付けを、ソフトウェア事業WebSphere事業部長の山下晶夫氏は「レガシーシステムを使い続けながらSOA(サービス指向)を実現するもの」と説明。一時は絶滅するかに見えたメインフレームの出荷台数が増加傾向にある状況を「コンピュータのフラッグシップであり、キャパシティ・オンデマンドが価値となっている」と力説した。メインフレームに注力する流れを受け、SOAの中でのメインフレームの位置付けを確固たるものにしたいという思いがある。

日本IBM ソフトウェア事業 WebSphere事業部長の山下晶夫氏

 (1)新版のCICS(Customer Information Control System)は、TPモニターにWebサービス接続用のツールキットを追加したソフトである。COBOLやPL/Iのアプリケーションを使うインターフェースの定義をWebサービスのインターフェース記述言語であるWSDLとして出力するなどの機能を持つ。一方で、(2)新版のWebSphere WASは、J2EEアプリケーションサーバにWebサービスのメッセージを中継するESB(Enterprise Service Bus)機能を追加したものだ。

 上記2製品を使うことで、CICSが提供するWebサービスを、WebSphere WASからWebサービスのメッセージ経由で使えるようになる。もちろん性能や信頼性の上では粒度の荒いWebサービスではなく、既存の独自プロトコルで通信し合う形態を選択できる。J2EEアプリケーションサーバは、J2EE Connector Architecture(J2C、JCA)のアダプタを経由して、CICSやIMSなど各種の既存システムを利用できるようになっている。

 価格は、CICS新版が月額83万6000円から。WebSphereが一括払いで147万2000円から。いずれも実際に使うプロセッサ(CPU)数によって異なる。

 なお、CICSとは別のTPモニターであるIMSをWebサービス経由で使えるようにするソフトの開発途中版「IMS SOAP Gateway Technology Preview」も存在しており、IBMのウェブサイトからダウンロード可能である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]