編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

オラクルとゼンド、スクリプティングツールのベータ版をリリース

Martin LaMonica(CNET News.com)

2005-08-31 12:03

 OracleとZend Technologiesは米国時間29日、PHPスクリプティング言語を用いたデータベースアプリケーションの開発を容易にするツール「Zend Core for Oracle」のベータ版をリリースした。この製品の正式版は今年中にリリースの準備が整うという。

 Zend Core for Oracleには、PHPを利用して短期間でウェブアプリケーションを記述できるように設計されたドライバとインストール用ソフトウェアが含まれる。IBMもこれとよく似た「Zend Core for IBM」と呼ばれる製品を提供しているが、こちらはIBMの「Cloudscape」や「DB2」データベースから情報を取得するウェブアプリケーションの開発プロセスを短縮するためのものだ。OracleとIBMはこれまで、JavaやC、Cobolなどの言語を使うプログラマーの抱える問題を解決することに取り組んできた。しかし、ここへ来て両社は、PHPやその他のスクリプティング言語を使用する開発者に焦点を当て始めた。これらの言語は、ビジネスアプリケーションの記述に用いられることが多くなっている。スクリプティング言語は、JavaやCといった言語と比べ、学習が容易だとされている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]