Know-Who活用によるコラボレーション実現 ~「顔の見える電話帳」から始める人中心のナレッジマネジメント~

リアルコム株式会社 2005年09月08日

開催場所: ツイントラスホール 小ホールhttp://www.realcom.co.jp/images/realcom_map.html 〒111-0052 東京都台東区柳橋1-4-4 ツイントラスビル8階 (JR総武線、都営浅草線 浅草橋駅 徒歩1分)

開催日:  2005年9月22日

申込締切日: 2005年9月20日

近年、情報共有やナレッジマネジメントに対する取り組みが増えつつありますが、具体的に効果が実現できるソリューションが見つからないのが現状です。

リアルコムでは「Know-Who(ノウフー)」と呼ばれる手法によって、社内の知識や人材の流動化を実現しています。「Know-Who」とは、知識そのものをデータベース化するのではなく、「誰が何をしっているか」のインデックス情報をデータベース化する仕組みです。情報が欲しい人は「Know-Who」を検索することで社内の最適な人材・エキスパートを探しだし、必要な知識やサポートを得ることができます。

リアルコムでは、50社以上の大手企業のナレッジマネジメント成功事例の経験を踏まえ、「Know-Who」事例と方法論をご紹介すべく、本セミナーを開催します。本セミナーでは「Know-Who」を実践している海外・国内企業の事例に加え、「Know-Who」ソリューションの3パターン、「Know-Who」実現のための方法論をご紹介します。

お申し込みは (リンク ») からどうぞ。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!