「『ネット口コミ』マーケティング」出版記念セミナー 基調講演~会社の実績を伸ばす!驚異のネット口コミマーケティングとは~ ついに完成!企業サイト向けブログシステム「Hottolink CMS Web2.0」の全て

株式会社ホットリンク 2006年01月19日

開催場所: 東京

開催日:  2006年2月17日

申込締切日: 2006年2月17日

「ネット口コミ」はネットビジネスの世界だけではなく、リアルマーケットにおけるビジネスや店舗販売にも大きく影響するようになってきました。ネット上の企業名や市場に投下した商品の、「評判」や「風評」等書き込み内容やその書き込み量によって、企業イメージや売上に直結する時代がやってきたのです。今後のネット戦略だけではなく、日々の広告やセールスプロモーション、あるいは広報戦略に大きなインパクトを与えることは誰も疑う余地がありません。競合他社との差別化においては、この『ネット口コミマーケティング』を制することが、ひいては今後のビジネス戦略自体を押し上げる原動力となることでしょう。

セミナー前半ではネット口コミがどのようなものかを知っていただくとともに、ネット口コミを利用してモノを売り、売上や利益に結びつけるにはどうすればいいのか。ネット口コミの内容を活用し、自社のビジネス実績をどのように伸ばすことができるのかなど、ネット口コミマーケティングのすべてを解説していただきます。

また、セミナー後半では、ネット口コミ時代に、最適な企業サイト向けブログシステム「Hottolink CMS Web2.0」の全貌についてご紹介致します。「Hottolink CMS Web2.0」を使えば、企業ホームページ運営に必要なHTMLやCSSの専門知識がなくても、誰でも簡単に更新ができるので、運営コスト削減、新製品のリリースなど、タイムリーな更新が可能です。また検索エンジンの理解しやすい論理的HTMLを生成し、頻繁な更新が可能ですので、SEO対策にも効果的です。さらに、ブログで標準となったRSS形式での情報発信機能を搭載しておりますので、お客様は興味のあるカテゴリの最新情報をRSSリーダーを利用して受け取れます。ホームページの運営コスト削減やタイムリーな更新を狙うならば、「Hottolink CMS Web2.0」がおすすめです。

ぜひこの機会に本セミナーにご参加ください。

お申し込みはこちらからどうぞ。
(リンク »)

日時 2006年2月17日(金) 14:30~16:45(13:50~受付)

場所 六本木アカデミーヒルズ40 キャラントC4

交通 営団地下鉄日比谷線/六本木駅・徒歩0分(コンコースにて直結)

都営都01系統バス/渋谷駅前⇔六本木ヒルズ「六本木ヒルズ」下車 

ご来場方法 (リンク »)

主催 株式会社ホットリンク

後援 株式会社市場通信、株式会社オプト

対象 企業の広報、宣伝部門、マーケティング部門、経営企画部門、システム部門の方

受講料 おひとり7,000円(税込)

お支払方法 セミナー当日の受付時に頂戴致します。
※領収書の発行を致します。
※恐縮ながら、お釣りのない様、あらかじめご準備願います。

定員 先着90名 [事前登録制]
※定員になり次第締め切らせていただきます。予めご了承いただけますようお願い致します。
※競合会社の方の受講をご遠慮いただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※都合によりスケジュール・講師・講演内容等は予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。

参加者特典 本セミナー終了後、アンケートをご提出いただいた方全員に、波多野精紀氏の新著「ネット口コミ」マーケティング」(すばる舎、2006年2月1日発行、定価1,500円(税別))を差し上げます。

プログラム内容
13:50
開場・受付開始
14:30~16:00
基調講演「会社の実績を伸ばす!驚異のネット口コミマーケティングとは」
株式会社市場通信 代表取締役社長
金沢工業大学大学院工学研究科 知的創造システム専攻客員教授
波多野 精紀 氏
(リンク »)
16:00~16:30
ついに完成!企業サイト向けブログシステム「Hottolink CMS Web2.0」の全て
株式会社ホットリンク ビジネスディベロップメント事業本部
マーケティング事業部 部長
斉藤 常治
(リンク »)
16:30~16:45
質疑応答
16:45
セミナー終了

お申し込みはこちらからどうぞ。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!