OSDL-Japan Linux Symposium

2006年05月21日

開催場所: 東京

開催日:  2006年6月13日

申込締切日: 1970年1月1日

LinuxカーネルメンテナのAndrew Mortonなど、米国からLinux/オープンソースの開発コミュニティのリーダー4名を招聘し、日本のソフトウェア技術者が、最新の技術動向を入手し、開発コミュニティのリーダーと対面で情報交換できる機会を提供することで、日本の技術者の開発コミュニティ参加を促進し、技術レベル向上を支援するシンポジウム。
____________________
■OSDL-Japan Linux Symposium 開催概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※プログラム詳細および参加申込みは、以下をご覧ください。
(リンク »)

◇日 時 :2006年6月13日(火曜日)9時~17時(8時30分受付開始)
◇場 所 :社団法人 日本建築学会 建築会館 ホール
(リンク »)
港区芝5-26-20 TEL: 03-3456-2016

◇参加費 :無料 (事前登録制)
◇定 員 :150名 (定員となり次第 受付終了)
◇対 象 :Linuxに関心があるソフトウェア開発者/オープンソースのソフトウェア開発に貢献したい開発者

◇プログラム
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[テーマと講演者]
- Kernel Direction … Andrew Morton(OSDL)
- Network … Hideaki Yoshifuji(Keio Univ.) / Steve Hemminger(OSDL)
- Xen … Chris Wright(RedHat)
- git Tutorial … Junio Hamano(Twin Sun, Inc.)

[パネルディスカッション]
※ 上記5名に、以下のメンバーを加えて行います
- Tom Hanrahan (OSDL)
- 慶應義塾大学 政策・メディア研究科 吉藤英明 氏
- VA Linux Systems Japan 技術本部長 高橋浩和 氏
- NEC OSS推進センター グループマネジャー柴田次一 氏

[ホットトピックディスカッション]
カーネル / Linux仮想化技術

関連情報へのリンク »

のイベント

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?