最低限知らなければならないデータベースのセキュリティ

株式会社アシスト 2006年12月20日

開催場所: 東京

開催日:  2007年2月21日

申込締切日: 2007年2月20日

データベースのアクセスを制御する場合、アプリケーションのロジックで対応されていますか?
正規アプリケーション以外からデータベースにアクセスする可能性はないでしょうか?
データベースのアクセス監査はスループットに影響を与えるのでしょうか?
どのようなアクセスを監査すればよいのでしょうか?
スループットの維持とデータベースへのセキュリティ対策を両立させるためのポイントや考慮点について、検証結果から導き出されたデータをもとにご説明します。

【開催日】2007年2月21日(水) 10:00~17:00 (受付開始 9:30)
【会場名】株式会社アシスト 市ヶ谷本社 セミナールーム (リンク »)
【対象者】1.SQLの知識を有すること
2.Oracleのデータベース・アーキテクチャの知識を有すること
【参加費】無料
【定 員】50名

【お申し込み】お申し込みはこちらから  (リンク »)
【主催】株式会社アシスト

【お問い合わせ先】
株式会社アシスト データベース事業部
Oracleセミナー事務局
E-Mail:oracle_evt@ashisuto.co.jp
TEL:03-5276-5861 FAX:03-5276-5869

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?