データベースセキュリティ -アセスメント・監査・防御- の考え方とその対策

株式会社システムエグゼ 2007年01月10日

開催場所: 東京

開催日:  2007年1月23日

申込締切日: 2007年1月23日

「データベースセキュリティ -アセスメント・監査・防御- の考え方とその対策」


企業のデータベースには、機密性の高い個人情報や財務情報が格納されています。

これらのシステムを包括的に、かつ負荷をかけずに、不正アクセス、改ざん、情報漏えいなどから護るには?

Imperva社開発「SecureSphere」をご紹介しながら、データベースセキュリティ対策の考え方と、その対策がもたらす効果を解説します。




「Audit Master によるデータベース監査の実践」


Audit Masterは、Oracleデータベースの利用履歴=監査ログを確実に取得し、管理から、レポート出力や分析へのログ活用まで、トータルにデータベース監査システムの実現を支援するツールです。

Oracle標準の監査機能を活用することにより信頼性の高い監査が可能になり、また課題となるシステム負荷の軽減の対策としてメモリー参照による取得方法との併用も可能です。

デモストレーションや製品操作を通して、Oracleでのデータベース監査とはどういうものかを体現いただきます。

関連情報へのリンク »

株式会社システムエグゼの関連情報

株式会社システムエグゼ

株式会社システムエグゼの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!