UMLモデリングセミナー ~Application Modelerによるモデリングの実際~

日本電気株式会社 2007年07月04日

開催場所: 東京

開催日:  2007年7月19日

申込締切日: 2007年7月16日

 ソフトウェア不具合に起因する品質問題が発生すると、企業の社会的な信用
を失わせ、経済的にも大きなダメージをこうむります。
このような問題を解決し、「出荷後バグ0」を実現するために、モデリングを重視
する開発プロセスが脚光を浴びています。
今回のセミナーでは、「出荷後バグ0」に向けてどのような開発プロセスを採用
するべきかを紐解きます。さらに、そうした開発プロセスに適したツールとして
「SystemDirector Application Modeler」をご紹介します。

 なお、SystemDirector Application Modeler UML Editor は、無償でダウン
ロードが可能です。 下記のダウンロードページをご覧下さい。

   (リンク »)

■本セミナーに参加していただきたい方
 ○出荷後バグ0を達成したい方
 ○ソフトウェア品質に起因するリスクに対処したい方
 ○開発効率化に際しツール導入をご検討されている方
 ○モデリングに取り組んでいるがどのような手法が理想的なのかお悩みの方

  ソフトウェア開発の最前線で活躍される皆様の課題解決に是非お役立て下さい。

関連情報へのリンク »

日本電気株式会社の関連情報

日本電気株式会社

日本電気株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?