中国モバイルビジネスの最新動向と事例研究

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2007年10月31日

開催場所: 東京

開催日:  2007年11月14日

申込締切日: 2007年11月12日

■■ 講座の概要 ■■

◆中国の検索エンジン、ポータル、ブログ、SNSなどの最新事情、
 多様化する中国モバイル業界の最新動向と国内企業の市場参入モデルとは

中国の携帯電話加入件数は、今や4億5000万件以上、モバイルインターネットユーザは3000万人を超えたと言われています。なおも増加の勢いが止まらず、世界のトップレベルの規模に拡大した中国携帯電話市場は、世界市場からも注目されています。

中国では現在、公式サイトよりも勝手サイトが活況となっており、SNS、コミュニティなど、月間数百万ユーザー、数億PVのサイトが複数登場していきています。現在、公式サイト・勝手サイトあわせて1万を超えるモバイルコンテンツが存在しています。

本セミナーでは拡大する中国携帯市場におけるユーザ動向、サービス動向、コンテンツ動向などを解説し、モバイルコンテンツ、モバイル広告、モバイルコマースなどの国内企業の市場参入モデルに迫ります。

また、本セミナーでは株式会社fonfun(フォンファン) 代表取締役社長の三浦 浩之氏と、中国最大級モバイル検索エンジン『uucun』を提供する上海網村信息技術有限公司(fonfunグループ) 総経理の張 振棟氏に中国モバイル業界の現状と今後について解説していただきます。


■■ 講座の特徴 ■■

1. 中国IT(モバイル)業界の最新動向を解説
2. キラーコンテンツ、ユーザ層など中国モバイル業界の特徴と今後がわかる!
3. 中国参入障壁と参入のポイントがわかる
4. fonfunの中国(モバイル)戦略を公開


■■ こんな方におすすめ ■■

・中国事業をお考えの事業者様
・モバイルサービスプロバイダーの方
・モバイルコンテンツプロバイダーの方
・通信関連事業者の方
・その他、モバイル業界における事業提供者様


■■ 講座の内容 ■■

●中国ネットサービスの最新動向
・検索エンジン、ポータル、ブログ、SNSなどの最新事情

●中国モバイル業界(サービス・コンテンツ)の最新動向
・中国モバイルサービスの最新動向と事例
・多様化する中国モバイルコンテンツサービスの動向
・国内コンテンツプロバイダーの可能性
・中国モバイルユーザの傾向

●fonfunの中国(モバイル)戦略
・fonfunが提供する中国最大級モバイル検索エンジン『uucun』とは?

●市場参入モデルと将来展望
・日本のゲームメーカーの中国進出の可能性と市場参入モデル
・参入障壁
・中国モバイル業界展望


■■ 講師 ■■

●講師:三浦 浩之(株式会社fonfun(フォンファン) 代表取締役社長)
●講師:張 振棟(上海網村信息技術有限公司 総経理)


■■ 開催概要 ■■

◆セミナー名:
「中国モバイルビジネスの最新動向と事例研究」

◆日時・会場:
 2007年11月14日(木)19:00~21:00(受付18:30~)

◆主催:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
◆会場:「サイボウズ株式会社 セミナールーム」
<地図> (リンク »)

◆受講料:29,800円 (税抜 28,381円+消費税 1,419円)


・ウェブサイト : (リンク »)
・e-mail    : info@shop.ns-research.jp
・TEL/FAX   : 03-3560-1368 / 03-3560-1330

※プレスの方は事前に「 info@shop.ns-research.jp 」までご相談ください。

関連情報へのリンク »

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!