情報活性化セミナー ~ポータルもどき(リンク集)からの脱却 真の情報共有基盤の構築~

リアルコム株式会社 2007年11月09日

開催場所: 大阪

開催日:  2007年12月11日

申込締切日: 1970年1月1日

京セラコミュニケーションシステム株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社と共催で、2007年12月11日(火曜)日本IBM 大阪事業所 2Fセミナールーム(大阪府大阪市)にて、「情報活性化セミナー ~ポータルもどき(リンク集)からの脱却 真の情報共有基盤の構築~」を開催します。

すでに多くの企業では、業務効率の向上やセキュリティレベルの強化を目的としたさまざまなITが活用されています。そして、企業内の日々のコミュニケーションや情報共有のために、ポータルシステムも構築されていますが、各々のシステムの構築した時代やインフラの違いから本来求められるポータルシステムとは異なり、単なるリンク集になっているのが実情です。

本セミナーでは、日本アイ・ビー・エム社が今年9月に発表されました「Notes/Domino 8」のご紹介。また、リアルコム社からは「HAKONE for Notes」を活用した情報共有基盤の構築方法をご説明。京セラコミュニケーションシステム社からは、高いセキュリティレベルを提供するID管理と、これらの製品と連携することで実現する、真の情報共有基盤の構築についてご紹介いたします。

是非、本セミナーにご参加いただき、業界の動向などの情報収集の場としてお役立てください。

開催概要
日時:2007年12月11日(火曜) 14時~17時(受付開始 13時30分~)
会場:日本IBM 大阪事業所 (リンク ») 2Fセミナールーム
費用:無料(事前登録制)
共催:京セラコミュニケーションシステム株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、リアルコム株式会社
詳細・お申し込み:京セラコミュニケーションシステム様セミナーページ (リンク ») にてご確認のうえ、お申し込みください。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?