内部統制で求められるデータベース・セキュリティ

株式会社アシスト 2008年04月15日

開催場所: 東京

開催日:  2008年6月24日

申込締切日: 2008年6月24日

IT統制において情報の正しさを最終的に担保するためには、情報を格納するデータベースの保護が極めて重要です。そしてIT全般統制の統制項目では、『内外からのアクセス管理によるシステムの安全性の確保』が求められています。そのためには『特権ユーザの管理』『アクセスログの取得』を実施する必要があります。
本セミナーでは、効率的、効果的に実施するためのポイントとソリューションをご紹介します。

【日程】6月24日(火) 13:30~17:00(受付は13:00~)

【会場】株式会社アシスト 市ヶ谷セミナールーム
      (リンク »)

【対象者】
 ・Oracleデータベース管理者
 ・内部統制関係者、セキュリティ管理者

【プログラム】
 ・内部統制とデータベース・セキュリティ
 ・Oracle特権ユーザ管理対策
 ・Oracleアクセスログの取得と分析(「PISO」の紹介)
 ・データベース・セキュリティ・ソリューションの紹介

【お申込URL】
(リンク »)

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!