第8回 The Linux Foundation Japan Symposium

The Linux Foundation 2008年06月19日

開催場所: 東京

開催日:  2008年7月9日

申込締切日: 1970年1月1日

・日 時 : 2008年7月9日(水) 9:30~17:30 (9:00 受付開始)
・場 所 : 大手町KDDIホール
(リンク »)
千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル2F
・参加費: 無料(事前登録制)
・定 員 : 150名(定員となり次第 受付終了)
・対 象 : Linuxに関心があるソフトウェア開発者、オープンソースのソフトウェア
開発に貢献したい開発者

・プログラム内容/講演者(敬称略)
9:30-9:40
Opening Remark --- Jim Zemlin (LinuxFoundationディレクタ)

9:40-10:40
The Completely Fair Scheduler ---- Thomas Gleixner (linutronix)

10:40-10:50休憩

10:50-11:50
The Recent Kernel Updates(仮) ---- Andrew Morton (Google)

11:50-13:00昼食休憩

13:00-14:00
SELinux Project Overview ---- James Morris (Red Hat)

14:00-14:10 休憩

14:10-15:10
Introduction to Labeled Networking on Linux ---- Paul Moore (HP)

15:10-15:20 休憩

15:20-16:20
Realities of Mainlining - Case of the TOMOYO Linux Project
---原田季栄(NTT Data)

16:20-16:30 休憩

16:30-17:30
パネルディスカッション カーネル開発プロセスの現状と変化
---Andrew Morton、Thomas Gleixner、柴田次一(NEC)

17:30-17:35 Closing Remark

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!