第3回セキュリティセミナー:散在するIDを適切に管理するためには?

日本ユニシス株式会社 2008年09月29日

開催場所: 東京

開催日:  2008年10月30日

申込締切日: 2008年10月29日

今日、企業は内部統制の整備運用やコンプライアンス・情報セキュリティへの対応において、IDの適切な管理が求められています。
また、企業のIT環境は、システム数の増加により一人の利用者に多数のIDが発行されており、
IDを適切に管理するためには利用者にとっては利便性の低下、管理者にとっては運用負荷の増大を招いています。

今回は、「散在するIDを適切に管理するためには」をテーマにセミナーを開催します。
多数のシステムに散在するIDを一元管理し、運用負荷の軽減と利便性の向上を図る仕組みを実現するソリューションをご紹介します。

◆開催日時 2008年10月30日(木)14:00 ~17:15 (13:30開場・受付開始)
◆開催場所 日本ユニシス株式会社 本社6階 セミナーA
         (リンク »)
◆お申し込みはこちらから  (リンク »)
◆プログラム
14:00~15:00 内部統制の最重要事項「ID管理」について
            ~IT監査の現場からの最新情報~(That's it コンサルティング)
15:00~15:30 日本ユニシスおける「統合ID管理ソリューション」の取組み(日本ユニシス株式会社)
15:45~16:30 Microsoft Identity Lifecycle Manager"2"(ILM"2")で実現する
            業務システムのID統合管理とは(マイクロソフト株式会社 )
16:30~17:15 ID管理には必要不可欠なワークフロー
            ~スマートワークフローのご紹介~(株式会社 CSK Winテクノロジ)

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?