編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

メールセキュリティセミナー [spring 2009]

フィードパス株式会社

2009-02-20

開催場所: 東京

開催日:  2009-03-17

申込締切日: 1970-1-1

Eメールの技術は古いもの!?
今や企業活動に欠かせない、重要なコミュニケーションツールとなったEメール。
Eメールは1965年、メインフレーム上のタイムシェアリングシステムの複数ユーザー間で、相互に通信する為の方法として使われ始めたのがその起源と言われています。その後、米国人である、Eric Allman(エリック・オールマン)の手によって世界初のインターネットメールプログラム「sendmail」が誕生したのが1981年と、比較的古い技術である事がわかります。

現在でも広く利用されている、SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)も1982年に策定されました。
スパム、ウィルス、なりすましなど今日では当たり前の脅威が存在しなかった時代のものが、未だ基本的なプロトコルとして使われているのです。

フィードパス株式会社 取締役CTO 後藤康成のセッションでは、情報システム部門のご担当者様向けに、このような、Eメールの歴史とそこに含まれるリスクを学び、現代企業が考えるべきリスク対策を、テクノロジーとマネジメントの両面から解説いたします。

後半では、最新のメールセキュリティソリューションとして、最新のZimbra5.0ベースへとバージョンアップを果たし、更にセキュリティを考慮した企業メール環境の提供が可能となったfeedpath Zebraをご紹介させていただきます。

ご多忙の折とは存じますが、何卒御出席賜りますよう、お願い申し上げます。

■日 時       
2009年3月17日(火)
15:00 - 16:45 (受付開始:14:30)

■プログラム
14:30~        受付開始
15:00~15:30  「eメールの歴史と現代のメールセキュリティ対策」
             フィードパス株式会社 取締役CTO 後藤康成
15:30~15:45   休憩
15:45~16:15   feedpath Zebra 最新バージョンのご紹介
16:15~16:45   個別相談

■会 場        
クロス・ヘッド株式会社 7F セミナールーム
(リンク »)

■参加費       
無料

■定 員       
30名(定員になり次第締め切らせていただきます)

■お申込み     
こちらのページよりお申込いただけます。
(リンク »)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]