Oracle Database 11g Release2 検証報告セミナー

株式会社アシスト 2010年02月22日

開催場所: 東京

開催日:  2010年4月22日

申込締切日: 2010年4月21日

 <アシストの検証報告について>
 アシストでは2002年Oracle9i RAC、2004年10g R1、2006年10g R2、
2008年11gR1と新バージョンのリリースとともに検証報告を実施し、
お客様に高い評価を頂いております。今回、新たにリリースされた
「Oracle Database 11g Release2」に関してもアシスト独自の視点から
検証した結果を当セミナーにてご報告させていただきます。

「Lowering IT Cost」というキーワードをかかげ、ITコストの大幅な
削減をテーマとした最新バージョンの「Oracle Database11g Release2」。
本セミナーでは、R2のもつ新機能や特徴が、どのように活用でき、
どういったメリットをお客様にもたらすのか、という視点で検証を行い、
その結果をご報告いたします。


<プログラム>
13:00    受付開始

13:30-13:40 ご挨拶

13:40-14:40 検証報告① 基本性能検証・移行検証
「11gR2 バージョンアップ伝」~次世代DBの夜明けは近いぜよ~

セッション概要:
Oracle Database11g Release 2は既存システムの次期DB基盤として、
多くのお客様からの熱い期待を背負った責任あるリリースです。
Oracle Database11g Release 2への安全な移行、そして新しい
環境での効率的な運用をアシストするために、さまざまノウハウ
や失敗談を若手エンジニアの実体験を通じて皆様へお届けします。
さあ、移行の第一歩を進めましょう。

14:40-14:50 休憩

14:50-15:50 検証報告② 機能検証RAC One Node
「RAC One NodeによるDBサーバ統合新時代」

セッション概要:
Oracle Database11g Release 2の新機能であるReal Application
Clusters One Nodeを使った新しいサーバ統合の手法をご紹介します。
パフォーマンスや耐障害性など、一般的な仮想化の課題解決の
可能性を検証結果と共に皆様と確かめていきましょう。

15:50-16:00 休憩

16:00-17:00 検証報告③ 機能検証ASM
「ASMでストレージコストを斬る!」

セッション概要:
積極的なITコスト削減が叫ばれる中、RACデータベースシステムを
構築する場合、性能面で高価なストレージの採用がやむ終えないと
言われています。
アシストではOracle DatabaseのASMの機能に注目し、安価な
ストレージでも充分なパフォーマンスを保ち、可用性の高い
ストレージを構築できたたことを検証し、確認しました。
コスト削減効果やメリット・デメリットを検証結果を踏まえて
具体的に確かめましょう。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]