SDL Trados Studio 2009 プラグインソフト, SDL Language Weaverのご紹介セミナー

SDLジャパン株式会社 2011年01月20日

開催場所: 東京

開催日:  2011年2月15日

申込締切日: 2011年2月10日

SDL Trados Studio 2009プラグインソフトと関連アプリケーションのご紹介
SDL Language Weaverのご紹介とSDL Trados Studioとの連携について



<講演者>
山崎 康太(NSD株式会社 営業統括本部ビジネス開発部)
山田 勝志(SDLジャパン株式会社 セールス・エグゼキュティブ)


今回は、SDLの開発コミュニティ(SDL OpenExchange)で公開されているSDL Trados Studioのプラグインや関連アプリケーションから日本のお客様に有益と思われるものをいくつかご紹介します。
また、昨年弊社が買収しました統計型機械翻訳ソリューションSDL Language Weaverのご紹介とSDL Trados Studioとの連携についてもご説明します。


[今回ご紹介するアプリケーション]
・SDL XLIFF Converter for MS Office
 翻訳後のバイリンガル・ファイル(SDLXLIFFファイル)をレビュー用にWordまたはEXCELにコンバートしてWordまたはEXCEL上でレビュー(校正)することが可能
 レビューした結果はSDLXLIFFへ反映させる事が可能ですので、SDL Tradosを使用せずに翻訳レビューが可能


・Excelling MultiTerm
 MultiTermの用語ベースをEXCELにエクスポートし、EXCEL上で用語ベースのレビュー・修正が可能
 修正後のEXCEL上の用語ベースはMultiTermの用語ベースに戻す事が可能


・Publishing MultiTerm
 MultiTermの用語ベースのコンテンツをPDFまたはXML形式でエクスポートし他のシステムでの使用が可能


・SubRip File Type
Videoのサブタイトルで使われるSubRip File Typeのサポートが可能


SDL Language Weaver
SDL Language Weaverは、統計型機械翻訳のパイオニアとして、信頼性の高い自動翻訳ソリューションを提供し、政府機関やエンタープライズ企業に信頼できるレベルの翻訳品質の提供を実現しています。SDL Language Weaverは、大規模な展開に対応するためにインターネット上で利用できるセキュアなSaaS(Software-as-a-Service)で機械翻訳ソリューションを提供します。お客様の過去の翻訳データを登録し、翻訳エンジンをカスタマイズ(トレーニング)することにより、機械翻訳とは思えない高品質の翻訳結果を得ることが可能になります。



【開催概要】
[日時] 2月15日(火) 14:00-16:00(13:30受付開始)
[場所]山王健保会館 (東京都港区赤坂 地図)
[申込み締め切り] 2月10日(木)
[定員] 50名
[対象]一般企業の方
[参加費]無料

関連情報へのリンク »

SDLジャパン株式会社の関連情報

SDLジャパン株式会社

SDLジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]