編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

【アクセラテクノロジ、富士電機ITソリューション】共催製造業ナレッジ活用でモノづくり改革~製品・サービスの高付加価値化を実現~

アクセラテクノロジ株式会社

2011-10-17

開催場所: 東京

開催日:  2011-10-26

申込締切日: 1970-1-1

製品の開発現場においては、市場における熾烈な競争に勝つために新製品開発のスピード化とライバル企業との差別化をするための高付加価値化が求められています。
スピード化のためには、部門の壁を越えてすでに開発した技術や実験データの流用が
有効であり、高付加価値化には、世界中で日々発表される技術論文や特許など、膨大な
資料や文献への容易なアクセスにより、情報の共有と活用をしていくことが重要になります。


しかしながら、これらのノウハウや知識となる情報を共有化したり再利用する上で、ノウハウが個人に蓄積されており活用が進んでいなかったり、情報が膨大になり欲しい情報がどこにあるのかわからないなど様々な課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか?


今回のセミナーでは、増え続ける膨大なデータから価値ある情報を導き出し業務の効率化や生産性の向上に寄与することに加えて、社内外の情報源から有用な情報を収集し、
製品・サービスやビジネスの価値向上を実現する方法をお話いたします。
また、今回富士電機ITソリューション様をお招きし、ストレージソリューションの事例を課題別にお話しいただきます。ぜひご参加ください。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]