編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

産総研、1万人規模の研究情報共有システムにアクセラのエンタープライズサーチを採用

富永恭子(ロビンソン)

2010-06-07 17:02

 アクセラテクノロジは6月7日、独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)で、1万人規模の全所内情報共有にアクセラテクノロジのエンタープライズサーチ「Accela BizSearch」が採用されたことを発表した。

 産総研は、2001年の中央省庁再編に伴い、通商産業省工業技術院およびその傘下の15の研究所群および計量教習所を統合再編して発足した。再編によって研究分野が多岐にわたり、研究情報やそれを支援する情報が膨大化。そこで産総研では、所内で運用されている複数の業務サーバに散在する情報への一元的なアクセスを目指して、全所内情報共有ポータルの導入を決定した。

 産総研は、産学官連携等により多様な研究者が研究に従事していることから、役職員の他、契約職員や共同研究者等を含めると1万人規模の組織であり、役職や所属している部門に応じ、ドキュメントのアクセス権限がそれぞれ異なる。そのため、所内に蓄積された大量のデータから必要な情報を高速に引き出せると同時に、検索結果には、アクセス権限のない文書は表示されてはならず、個々人のアクセス権限が厳守されることが必須であったという。

 Accela BizSearchは、検索インデックスを作成する際に、各システムの各文書が持つアクセスコントロール情報をインデックス内に取り込み、権限のチェックに伴う処理コストを最小化する独自の方式を用いて、高速性とセキュアな検索の両立を実現しているという。アクセラテクノロジでは、この検索の高速性とアクセス権限を守るセキュリティの両立が評価され、今回の採用に至ったとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]