企業向けの検索はYahoo!やGoogleではダメなのか--アクセラテクノロジが目指す情報管理と活用

山下竜大(編集部) 2007年09月10日 23時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業向け検索技術を基盤に自社で開発した全文検索ソフトウェア「Accela BizSearch」および企業向け検索システム構築サービスを中核に、情報の管理と活用のためのソリューションを提供するアクセラテクノロジ。

 同社の代表取締役社長、進藤達也氏は、9月4日に開催された「ZDNet Japanソリューションフォーラム2007 〜サーチテクノロジからはじまるエンタープライズ2.0」で、Web2.0時代の情報活用術について講演した。

 「企業を取り巻く環境の変化は猛烈な勢いで変化している。農業経済、工業経済の時代には、大量生産や効率化、標準化、コスト削減、シェア第1主義などがキーワードだった。しかし、時代が知識経済に移り変わった現在、グローバリゼーションやITにおける技術革新、多様化するニーズ、規制緩和、M&Aと業界再編、高付加価値、イノベーションなどがキーワードとなっている」

 IT化における変化のスピードは、当初は「ドッグイヤー」と呼ばれていた。これは、犬が人間の7倍のスピードで成長することをIT業界の成長に例えたものだが、最近ではこうした言葉も聞かれなくなった。「ドックイヤーという言葉が使われなくなったのは、IT化による進化のスピードが、もはや当たり前になったため」と進藤氏は言う。

 また同時に、「企業における組織や情報のあり方についても大きな変化のときに来ている」と進藤氏。大量生産の時代には、組織や情報は経営層から事業部門へ、ピラミッド型にトップダウンで下りてきた。しかし、ニーズが多様化した現在では、“顧客の声”を事業部門から経営層にフィードバックし、そこから意思決定を事業部門に戻す逆ピラミッド型の組織および情報構造になっている。

 この“顧客の声”を企業が効率的かつ効果的に収集し、活用するために重要となるテクノロジが企業向け検索テクノロジであり、「企業では新しいテクノロジが求められている」と進藤氏は話す。

 「今や検索テクノロジを使ったことがないという人はいないだろう。ただし、ここでいう検索技術は、Yahoo!やGoogleなど、インターネット検索テクノロジだ。これは非常にクリエイティブなテクノロジに違いはない。しかし、Yahoo!やGoogleだけで業務に必要なデータをすべて見つけ出せるのだろうか」(進藤氏)

アクセラテクノロジの進藤氏 アクセラテクノロジの代表取締役社長、進藤達也氏。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算