連結業務イノベーションセミナー『IFRS最新動向を総点検、いま企業は何をすべきなのか?』(名古屋)

株式会社電通国際情報サービス 2012年04月30日

開催場所: 愛知

開催日:  2012年6月21日

●日程 6/21(木)
●時間 15:00~16:55 (受付開始14:30)
●会場 株式会社電通国際情報サービス 各地セミナールーム
→ (リンク »)
●主催 株式会社電通国際情報サービス
●費用 無料(Web事前登録制)
    ※定員がございますのでお早めにお申込願います。
●内容
『連結システムのIFRS対応に向けて知っておくべきポイント』
株式会社電通国際情報サービス ビジネスソリューション事業部 コンサルタント 岡村 洋樹

今後、連結システムのIFRS対応を検討する際には、IFRS期首BS作成、並行期間、単独開示期間における業務・システムの在り方を中長期視点で検討、計画することが重要となります。本セッションでは、システムの視点で知っておくべきポイントを整理し、今後の検討にご活用いただきたいと考えております。

『IFRS最新動向を総点検、いま企業は何をすべきなのか』
~この1年の動きと、これからを見据えて~
新日本有限責任監査法人 公認会計士 マネージャー 河村 剛 様

昨年6月の自見大臣の発言から1年、「もはやIFRSは過去のもの」とお考えになってはいませんか。しかし、強制適用の判断を本年に行うという金融庁の方針に変わりはありません。そしてこの1年の間には、連結、収益認識、リースといった重要な領域で、IFRSの基準に改定の動きもありました。 そこで、このセッションでは、IFRS強制適用についての企業会計審議会の議論の最新動向と、この1年間の基準改定の動向について確認します。その上で、今だからこそできる今後無駄にならない事とは何か、企業が何を準備をしておくべきかを解説します。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。