テレワークのセキュリティ課題を解決!~情報漏洩を気にせず、利便性を損なわず、すぐはじめられるテレワークとは~

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 2018年11月15日

開催場所: 東京

開催日:  2018年12月18日

厚生労働省が主導で行っている働き方改革の1つとして、働く環境にとらわれないテレワークが推進されています。
また、テレワークを推進することで、さまざまなスキルを持った社員一人一人の能力を活かし、企業全体の生産性を伸ばす会社も増えてきており、今後ますます積極的にテレワークを推進する企業が増えると考えられます。

テレワークの普及に伴い、社員は自宅やカフェなど好きな場所で、モバイル端末などからインターネットを経由して企業のクラウドサービスや社内システムなどに接続して業務を行う機会が増えています。それにより、従来の、社内ネットワークに対するアクセス規制や監視などの対策では、十分なセキュリティ対策ができない状況が考えられます。一方で十分なセキュリティを確保しようとすると、費用がかかり過ぎてしまい、費用対効果を考えてテレワークの導入になかなか踏み出せない企業も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、働き方改革を実現するためのポイントを解説するとともに費用を抑え、効果的にセキュアにテレワークを推進するためのソリューションをご紹介します。

13:30     <開場・受付開始>

14:00~14:10 <開催の挨拶>

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

    - - - - - - 小休止 5分間 - - - - - -

14:15~14:55 <セッション1>
クラウドで実現するはたらきかた改革3つのポイント

当社のビジョン「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく」でも掲げている通り、昨今のはたらきかた改革はクラウドなしでは語れません。
本セッションではAWSの専業CIerの立場から、はたらきかた改革において押さえておくべき3つのポイントについて、自社事例も踏まえてご紹介いたします。

 株式会社サーバーワークス
 代表取締役 大石 良

    - - - - - - 小休止 5分間 - - - - - -

15:00~15:40 <セッション2>
「働き方改革」を支えるテレワークインフラへの投資を抑制する方法

「働き方改革」は原則、全職員が対象となります。
柔軟な働き方を実現するテレワークインフラを全職員へ提供、且つ高水準のセキュリティを維持するには、相応の費用が必要となります。
様々な業界のリーダー企業、官公庁/自治体が選択した「CACHATTO」によるテレワークインフラへの投資抑制策をご案内致します。

 e-Janネットワークス株式会社
 取締役 三井 智博

    - - - - - - 休憩 10分間 - - - - - -

15:50~16:30 <セッション3>
Windows10でモバイルPCが急増!盗難・紛失による情報漏えいを防ぐには!

働き方改革によって在宅勤務やテレワーク導入を意識してモバイルPCに切り替える企業が多くなってきておりますが、盗難・紛失のリスク対策が充分ではないのが現状なのです。
重要なことは、事故発生後でも情報漏洩対策ができること。データ消去の専門メーカーが開発した【遠隔データ消去TRUST DELETEシリーズ】は、働き方の改革で生産性を伸ばす企業の50万モバイルPCで、ご利用いただいております。本セミナーでは、モバイルワークセキュリティについてご案内いたします。

 ワンビ株式会社
 代表取締役社長 加藤 貴

16:30~16:40 <抽選会>

16:40~17:00 <質疑応答>

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]