編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

ソフトウェアコストの無駄を見直し、今こそ攻めのビジネス投資へ!

ServiceNow Japan合同会社

2021-03-23

開催場所: WEB

開催日:  2021-04-21

オンプレやクラウド、さらに仮想化など複雑化したソフトウェアを活用していく中で、各種ベンダーのライセンス資産を正確に管理することが非常に難しくなりつつあります。

「知らない間にライセンス違反を犯してしまい、多額のライセンス費用を遡及請求されてしまった」
「利用実態がわからないまま、高額なライセンス費用を支払い続けているが、本当に全部必要なコストなのかよくわからない」

こんなお悩みを抱えているお客様のために、ServiceNowのソフトウェア資産管理ソリューションであるSoftware Asset Managementをご紹介いたします。

ライセンス監査は、年度内残予算のある1月が最もターゲットとされやすいと言われており、不測の事態を避けて万全の備えをするためには、遅くとも半年前となる6月頃には正しく自社のライセンス資産を把握できる仕組みづくりを始める必要があります。

本ウェビナーでは、コスト削減に成功されたお客様事例とともに、不要ライセンスを検知するまでの流れを実際のデモを交えて解説させていただきます。

手作業による煩雑な資産管理から解放され、正確かつ簡単な自動化された資産管理へトランスフォーメーションし、投資コストの最適化をしてみませんか?

※本ウェビナーは、2020年8月に弊社主催で開催した「ソフトウェアコストの無駄を見直し、今こそ攻めのビジネス投資へ!」の再放送となります。

ServiceNow Japan合同会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]