【情報システム部門の方へ】今知っておきたい!!ランサムウェア対策にSASEが有効な理由 ~SASE+IPSによるランサムウェアの不正通信の遮断と脆弱性対策について~

株式会社マクニカ

2022-11-29

開催場所: WEB

開催日:  2022-12-23

ーセミナーの特徴ー
グローバル拠点や複数拠点を持つ企業様必見!運用負荷を軽減しつつ強固なセキュリティ対策に欠かせない「SASE」とは

企業や、団体を狙った、身代金要求型のマルウェア、ランサムウェアの攻撃はとまりません。広く報道されているように、ファイルの暗号化により、システム稼働できず、
業務停止の影響も出てきている状況です。これらランサムウェアを食い止める方法はないのでしょうか。

本セミナーでは、身代金型ウィルスの攻撃方法、それに対応するためのクラウド型セキュリティサービスである、SASEのしくみ、SASEによる、グローバル拠点でのセキュリティの一元管理などについて広くご紹介させて頂きます。
SASEはネットワークとセキュリティ対策をクラウドネイティブでグローバルに管理するサービスです。そのためランサムウェアで利用される通信や異常値を検知し、侵入防御システム(オプション)によりアタッカーが使う不正ファイルや情報の流出をネットワークとクラウドにて遮断することができます。また、アンチマルウェア(オプション)により、各企業におけるネットワークの振る舞い検知により、0day攻撃の防御も可能にします。

セキュリティ人材不足の今、サイバーセキュリティ機器の脆弱性対策、パッチ適用処理もクラウドで自動的に行われます。これにより運用負荷を削減し、いちはやくランサムウェアから企業や団体を守る事ができます。日頃のマルウェアやランサムウェアの対策におおくの労力と時間を割いている、情報システム部門、セキュリティ部門の方へお勧めいたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]