ユースケースから考えるマイクロセグメンテーションの重要性とは?

株式会社マクニカ

2024-02-20

開催場所: WEB

開催日:  2024-03-07

セミナーの特徴
ランサムウェア対策としてマイクロセグメンテーションで実現する、重要システムの保護や侵害範囲の最小化対策!
重大なセキュリティインシデントが減らない要因の1つとして、攻撃者から見ると侵入経路や攻撃対象面が多様化していることが挙げられます。

巧妙化されたサイバー攻撃の場合、即座に悪性だと「検知」することが難しく、企業内部への潜伏を長期間許してしまうケースが増大しています。また、EDRを導入済みであっても、EDRが入らない端末・セグメントへの対応が必要です。

このように「検知」だけではセキュリティ対応が不十分の中で、侵入されることを想定し企業内部についてもゼロトラスト化し、被害を最小限に抑えることが重要となってきています。

そこで注目されているのが、マイクロセグメンテーションによる「封じ込め」という新たな考え方です。

本セミナーでは、マイクロセグメンテーションの必要性について、ユースケースを交えてご紹介させて頂きます。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]