データ保護の新潮流!生成AIを活用したDSPMとは?

株式会社マクニカ

2024-03-01

開催場所: WEB

開催日:  2024-03-21

セミナーの特徴
生成AIがファイル内データの文脈を理解して自動分類する時代が到来!注目高まる最新データセキュリティDSPMを徹底解説
DX推進によるデータ量の増加やクラウド利用の普及により、データの管理・保護が難しくなる一方、内部不正やクラウドサービスからの情報流出など、データ漏洩のリスクは増加の一途を辿っています。その中で注目が高まっているのが、DSPM(データセキュリティ態勢管理)と呼ばれる新しいデータ保護のアプローチです。

データの中でも企業データ全体の80%以上を占めるのが、「非構造化データ(Officeファイルやメール等)」です。社内に散在する膨大な件数のファイルを分類(例:契約書/請求書/見積書 etc.)したり、その中から必要な情報を検索(例:特定の社員名が含まれるファイルを全て抽出)することは従来極めて困難でしたが、生成AIを用いてそれらを容易に実現できるDSPMソリューションが登場しております。

本セミナーでは、実際のインシデント事例も交えながらDSPMの必要性を解説いたします。
また、弊社取り扱いDSPM製品 Data X-Ray による「AI技術を活用した非構造化データの自動分類」についてデモンストレーションを交えてご紹介いたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]