編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アクティブマトリクス方式

用語の解説

アクティブマトリクス方式とは

(アクティブマトリクスホウシキ)

 格子上にX電極とY電極を配置し、これをタイミングよくON/OFFすることで交点部の液晶を駆動する単純マトリクス方式の機構に加え、画素の1つ1つに対応するアクティブ素子を追加する液晶ディスプレイの方式。

アクティブマトリクス方式を利用した代表的な液晶ディスプレイとしてTFT(Thin Film Transistor)がある。 TFTの長所は、個々の画素を確実に点灯させられるため、クリアで応答速度の高いディスプレイ画面を実現できること。 一方の短所は、個々の画素ごとに液晶駆動電極とアクティブ素子を割り当てる必要があるため、製造工程が複雑で歩留まりを上げにくく、コストが高いことである。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]