編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アスペクト比

用語の解説

アスペクト比とは

(アスペクトヒ,アスペクトレシオ,aspect ratio,)
アスペクト比とは、ある対象物について、X、Y、Z軸のうちの2つの軸における長さの比のことである。
一般的には、横縦比を表すことが多い。 テレビ画面の形状を表す場合などにアスペクト比がよく使われる。 例えば、NTSC方式のテレビ画面は、横4に対して縦3の長さであり、アスペクト比は4対3と表現される。 その他、ハイビジョン放送対応のHDTVが16対9、SXGAモニターが5対4などとなっている。 また、半導体プロセスのコンタクトホールやビアホールなどにおいては、ホールの直径に対する深さの比をアスペクト比と呼ぶ。 なお、LSIの性能を高めるために微細化が進むに連れ、アスペクト比は大きくなる傾向にある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]