編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アドネットワーク

用語の解説

アドネットワークとは

(広告ネットワーク,ad network,advertising network,)
アドネットワークとは、インターネット広告のうち、広告媒体のWebサイトを多数集めて「広告配信ネットワーク」を形成し、その多数のWebサイト上で広告を配信するタイプの広告配信手法である。
または、そこで形成されたネットワークのことである。 アドネットワークを提供する事業者は、広告受注を一手に引き受け、ネットワークへの参加サイトに広告を配信している。 多くのWebサイトを媒体とすることで、全体では多くのトラフィック量を確保することが可能である。 個々のWebサイトは必ずしも大規模でなくてよいため、メディアレップなどの広告代理店を仲介する場合に比べて、中小規模のWebサイトが参加しやすい。 広告主にとっては、アドネットワークに参加している多種多様なジャンルの広告がWebサイト上で配信できるため、総体として高いリーチ率(接触率)の獲得が期待できる。 また、広告媒体の側にとっては、広告の受注をアドネットワーク事業者に任せて多数の広告主から広告が受注できるというメリットがある。 諸々の手続きもアドネットワーク事業者に対して一元化できる。 アドネットワークでは、多種多様なジャンルの広告や広告媒体が混在している。 そのため、広告配信効果を最適化する技術として、Cookieのデータをもとにユーザーの傾向を分析する行動ターゲティング広告(BTA)が導入されている場合が多い。 また、特定の広告について掲載しないようにしたり、広告のジャンルをあらかじめ限定したりするといった設定が可能である場合も多い。 アドネットワークで配信される広告のタイプは、テキスト広告からバナー広告、レクタングル広告など、多様である。 配信方式としては、サイトへの露出回数によってカウントするインプレッション保証型広告や、広告がクリックされた回数によってカウントするPPC広告(クリック課金型広告)などが主となっている。 アドネットワークを提供している主な事業者として、アドバタイジングドットコム、サイバー・コミュニケーションズ(cci)、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)、アイメディアドライブなどを挙げることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]