編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アナログ回線

用語の解説

アナログ回線とは

(アナログカイセン,analog line,)
アナログ回線とは、アナログ信号の伝送によって通信を行う回線のことである。
アナログ回線という用語が用いられる場合、多くは電話で用いられる通話網を指し、デジタル信号を伝送するISDNとの対比で用いられる。 ISDNのような、デジタル信号をデジタル通信網によって伝送する回線はデジタル回線と呼ばれる。 アナログ回線では、情報が連続的に変化するアナログ信号に変調されて伝送が行われる。 他方、デジタル回線では信号が1と0のデジタル信号に符号化されて伝送される。 ADSLはアナログ通信網を利用してデジタル化された信号を伝送するので、アナログ回線である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]