編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アーカイブ

用語の解説

アーカイブとは

(書庫,archive,)
アーカイブとは、IT用語としては、複数のファイルやデータをひとまとめにして保存している状態や場所のことである。
もともとの英語は「公文書」や「文書館」などのような意味を持っており、そのため「書庫」と呼ばれることも多い。 一般的な意味でのアーカイブは、複数のファイルを一箇所にまとめて保存している状態を指し、特にファイル圧縮ソフトによって一つの圧縮ファイルに変換された状態になっているものを指すことが多い。 ファイルをアーカイブとして保存することによって、ファイル管理を容易にすることができる。 圧縮を施していれば、より少ないデータ量で保存やネットワーク上での受け渡しを行うことができる。 複数のファイルを圧縮アーカイブに変換するソフトウェア(ファイル圧縮ソフト)は、アーカイバと呼ばれることも多い。 ちなみに、インターネット上では、過去の多くのWebサイトやコンテンツを記録・公開している「インターネット・アーカイブ」とよばれる一大データベースが運営されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]