編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

キーエスクロー

用語の解説

キーエスクローとは

(鍵供託,key escrow,)
キーエスクローとは、データを受け取る側の持つ公開鍵と、預けるための公開鍵を準備することで、どちらの鍵でもデータを複合化することを可能にする方法のことである。
暗号化したデータの復号鍵をデータの受取人のほかに第三者にも預ける(供託する)ため、一方が復号鍵を紛失しても複合が可能であるという特徴がある。 企業におけるデータの管理において、鍵を紛失した場合の対策として、この鍵供託が用いられる場合が多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]