タイピングソフト

用語の解説

タイピングソフトとは

(タイピング練習ソフト,typing software,)
タイピングソフトとは、キーボードでの文字入力(タイピング)の練習や、タッチタイピングの習得を行うために用いられるソフトウェアの総称である。
タイピングのスキルは、PCで入力作業を行う際、高速な文章入力や疲れの少ない作業を行うために重要な要素となる。 タイピングのスキルは日々の業務で身に付けることもできるが、より高速に、あるいは、より正しい指使いで、正確にタイピングができるように、タイピングソフトを用いた練習が行われる。 タイピングソフトの多くは、画面に表示された文字を指定された指を使って打鍵するという方式が採用されている。 タイピングと連動してゲーム要素が追加されているタイピングソフトも多く、正しい文字キーを入力したり、制限時間内に指定の文字列を入力したりするノルマを楽しみながら、スキルを磨くことができるように工夫されている。 タイピングソフトとして代表的な製品には、ソースネクストが販売している「特打」(とくうち)などを挙げることができる。 また、Flashアニメーションなどを利用してインターネット上でタイピング練習ゲームを提供しているWebサイトもある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]