タスクバー

用語の解説

タスクバーとは

(タスクバー)

 Windows 95で採用された新しいWindowsのユーザーインターフェイス要素の1つ。

 このタスクバーには、現在実行中のアプリケーションがボタンとして一覧表示され、ユーザーはこれらのボタンから適当なものをマウスで選択することで、そのアプリケーションをアクティブにできる。 Microsoftの調査によれば、タクスバーが導入される以前のWindows(Windows 3.x)では、OSの機能としては複数のアプリケーションを同時に実行できるにもかかわらず、多数の初心者ユーザーが、この機能を利用できなかったという。 Windows 3.xのユーザーインターフェイスでは、実行中のアプリケーションはデスクトップ領域の下部にアイコン表示され、これらをマウスでダブルクリックすればアクティブウィンドウの切り替えが可能になっていたが、初心者ユーザーにとってダブルクリックという操作は直観的ではなかったため、こうした結果になったのだと判断した。 このためMicrosoftは、Windows 95のシェルでは、実行中のアプリケーションをボタンとしてしてタスクバーに一覧し、テレビのチャンネルを切り替えるような感覚で、これらをマウスのシングルクリックで切り替えられるようにした。

 Windows 95のユーザーインターフェイスとの共通化により、このタスクバーはWindows NT 4.0でも採用された。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]