編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ニーモニック

用語の解説

ニーモニックとは

(ニモニック,)
ニーモニックとは、プログラムを実行させるための機械語(数字の羅列)を、プログラミングしやすくするための簡略記憶記号のことである。
アセンブリ言語のプログラムは、ニーモニックによりコーディングされ、アセンブラと呼ばれるプログラムで機械語に変換される。 それにより、コンピュータで実行可能なプログラムが作成される。 ニーモニックは、CPUごとに異なる。 例えば、排他的論理和(Exclusive OR)のニーモニックは、Windowsに対応しているx86系のCPUではXOR、Windows Mobileに対応しているARM系のCPUではEORである。 そのため、ニーモニックを使用したプログラム開発は、C言語やJavaのような高級言語よりも、プログラマーに対する負荷が大きい。 しかし、プログラムの処理速度が要求されるような場合、省メモリの状況において使用される。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]