編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

主配電盤

用語の解説

主配電盤とは

(MDF)
主配電盤とは、家庭や企業からの電話回線を交換機に接続するNTT収容局内の装置のことである。
1999年に、郵政省(現総務省)が、交換機を介せずに直接主配電盤へ接続することを通信事業者に許可したため、その後、ブロードバンドが普及した経緯がある。 現在のDSL接続では、主配電盤の内側をNTTが工事することによって、他社のDSL装置と主配電盤の外側で接続されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]