編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MacBinary

用語の解説

MacBinaryとは

(マックバイナリ,Macバイナリ,)
MacBinaryとは、Mac OSにおいて、ファイルを転送するなどの用途に用いられるMac OS独自のバイナリ形式のファイルのことである。
初期のMac OSのファイルは、リソースフォーク、データフォーク、ヘッダと呼ばれる3つの部分で構成されていた。 パソコン通信などで、WindowsやUNIXといった他のOSとMac OSのファイルをやり取りした場合、データフォーク以外の情報が失われる場合があった。 MacBinaryでは、リソースフォーク、データフォーク、ヘッダの3つを一つにまとめて扱うことで、一般的な形式でファイルを転送しても情報が失われることがないようにされている。 MacBinaryは、後にMacBinary II、MacBinary IIIと拡張版が開発されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]