編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

光触媒

用語の解説

光触媒とは

(ヒカリショクバイ,Photocatalyst,)
光触媒とは、光を吸収することによって他の物質に化学反応を引き起こすはたらきをする物質のことである。
自分自身は変化せずに、他の物質を変化させるという特徴がある。 光触媒の機能としては、有害物質の除去や脱臭、殺菌、抗菌、防汚などを挙げることができる。 例えば二酸化チタンに対して太陽光線や蛍光灯の紫外線が当たると、強い酸化力・還元力を持った正孔と電子が形成される。 この正孔と電子が、大気中の水分を活性酸素化させ、結合力の高い有機物や無機物を簡単に分解させる。 例えば排気ガス、ホルムアルデヒド(シックハウス症候群の原因となる)、アセトアルデヒド(タバコのにおいの成分である)、アンモニア臭など、身の周りの様々な空気の汚れを除去することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]